モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:オイルポンプのエアー抜き

組み上げたばかりだとホースやオイルポンプの中にエアーが入り込んでます
エンジンが回転中にオイルの替わりにエアーが送られると潤滑に問題が出て
焼き付き・抱き付きの原因になりますからエアー抜きを行います。


エアーが抜けるまで混合ガソリンにする方法でやります
お手軽なかわりにエアーが抜けてオイルが普通に供給され始めると
混合仕様と合わせてオイル過多になるので注意
1_20130528042430.jpg


フューエルキャップのツメ(黄印)が渋いと開閉が固くなるのでCRCでも掛けておく
2_20130528042427.jpg


エアー抜き終了後のオイル過多対策としてガソリンが少ない状態で混合にする
エアー抜き後にガソリンを給油すればオイル過多が緩和される
入れるオイル量はオイル缶キャップにちょっとの目分量
3_20130528042431.jpg


キャップは10時方向で取り付けて
4_20130528043026.jpg


フューエルタンクの▲マークと合うまで回して締める
5_20130528043030.jpg


手早くオイルを送るにはアイドリングでオイルポンプを全開にさせる
8_20130528043324.jpg


ドライバーでオイルポンプを全開側に固定
9_20130528043326.jpg


これでエンジンを始動させてエアーが抜けるのを待ちます
透明ホースだとエアーが確認できるので便利
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。