モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:ハンドルスイッチハーネス皮膜01

カレンのハンドルスイッチのハーネス皮膜は紫外線に弱いのか大抵ボロボロになっています
左集中配線とセル配線を収縮チューブに交換、
ブレーキ配線はモトコンポのハンドルスイッチから移植します。
hs20130512010.jpg

・ブレーキスイッチ取り出し

裏側のナット(8mm)を取り、ネジを抜いてブレーキレバーを外す
hs20130512012.jpg

ハーネスを掴んで押し出す
固いことが多く、力技になり易いので断線させないように注意(使いませんけど)
hs20130512013.jpg
hs20130512014.jpg

カレン左ハンドルスイッチとモトコンポのハンドルスイッチ左右のブレーキスイッチも同様に抜く
hs20130512016a.jpg

ブレーキスイッチハーネス、カレンのほうがちょっと短い
hs20130512017.jpg

・作業の前後で配線の通電確認

作業前に不具合が見つけられたら進行中に直せるし
作業後に確認しないと車体に組み込んでから直すのは面倒だから。
「壊れてた」のか「壊した」のか気になりますし
hs20130512018.jpg

通電確認はどれも良好
下図のようにテスターを繋げて、スイッチON・OFFを切り替えたときキチンと反応すればOK

※ハンドルスイッチ下側をアースに見立てます
※ホーンはハンドルスイッチ内でアースされています
(配線図には描かれていない、ディオコンポ作成時に教えて貰いました)
※通電確認のみなのでテスター赤黒の極性は無し、入れ替わってもいいです
hs20130512019.jpg
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。