モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AnetA8:ホットベッド24V化(成功)

・ホットベッド買いなおし



前回の上手くいかなかったホットベッドは諦めて違う型を購入してみました
Anycubic Ultrabase 3Dプリンタ ヒートベッド
ガラスプレート+特殊シートがセットなのでお得な感じです






ガラス(正確にはシート)表面は微細な凹が多数あり
造形物の張り付きが良くなり 反り・剥がれ防止になるとか



・裏面




配線の繋ぎ方で12V・24Vを使い分けるのは前と同じ
これはサーミスタも取り付け済みです






購入時は12V仕様で結線がされていました
24Vで使うので繋ぎ換えが必要です



・サイズ


プレートサイズは220x220
穴の位置を確認しないで購入しましたがピッタリでした

黄印 - Ultrabaseホットベッド
赤印 - Anet A8 ベースプレート



・抵抗値


12V仕様の配線を切断して2 -3 間の抵抗値を測ります
メーカーページでは144Wと書いてあって必要なのは4Ω
(24V x 24V ÷ 4Ω = 144W)
測定すると3.7Ωでしたので許容範囲だと思います



・過熱テスト


配線をチェーンケーブルに通しなおすのは辛いので使っていたのを流用
今度は大丈夫だろうと12Vホットベッドとそのまま入れ替えました
電源はホットエンド側MOS-FETに24Vを繋ぎ換えて供給
まずはPLA設定の60℃でテスト開始






これは速い!ものの2~3分で60℃に到達
心配だったサーミスタも問題なく温度が一致してます






続いてABS設定の110℃
こちらも以前と比べて速いんですが108℃で頭打ち感が、、、、
室温が低いせいだと言い聞かせて取り付け作業に移行します
(もう5分待てば変わったかも)



・取り付け


ホットベッドそのものはノーマルと同じ取り付け方
違うのは固定ネジが+でなくリベットみたいなツルツル頭
ベッドを取り付けたらガラスプレートを付けます






ガラスプレート裏面
固定方法はなんとも強気な全面両面テープ
たまにガラスだけザバーっと洗ったりしていたので外せなくなるのはちょっと不安
でも、邪魔に感じてたガラス固定用クリップを使わなくていいのも魅力





サっとガラスを載せてしっかり張り付くように暫くはクリップで固定



・テストプリント


うん、酷い
これはベッドの高さ調整不足のようです






なんか今までと勝手が違うような感じ
0.15mmゲージでキュッ ってくらいの隙間でやってましたが
キュム ってくらいに変更してみます





キュムとかギュムとかスルッとか色々試していくと段々良くなってきました






出力を終えて取り外した造形物の底面
特殊シートの凹跡はそれほど気になりません

ホットエンドのフィラメント温度の見直しが必要なのか
画像左下の辺が荒れてたりコーナーが膨らんでたりします

イジくりすぎると「ノーマルが一番」とかバイクと同じことを言いそうですが
ホットベッドの余熱待ち時間短縮はこれで果たせたとします
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。