FC2ブログ

モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AnetA8:カスタムパーツ追加

AnetA8はその安さからか作りはかなりチープです
フレームの貧弱さはモトコ乗りなら親近感を覚えるレベル

今回は不満点を解消するのと出力の練習を兼ねて
追加パーツを取り付けていきました




Z軸シャフトホルダー


まずはZ軸シャフトがフレームに届いていない問題

これって背の高いパーツを造形したときブレますよね?
thingiverse.comではシャフトホルダーが幾つも公開されてますが
簡単な部品なので自作しました


黄印がノーマル
赤印が自作ホルダー

ペットボトルキャップみたいなのに凸をつけただけ
ベアリングを嵌め込んでシャフトをセットします

目的:ブレ防止




防温壁


ABS造形時のベッド温度は100℃以上が推奨されているそうですが
高温設定にすると出力の弱いベッドだと
ちょっとした室温の変化にも影響されて温度が下がるそうな

定温に保つ囲いを色々な人が作られていたので
イレクターパイプとプラダンで作成
夏の熱暴走対策に左右の壁はパッチンと外せます

目的:温度管理




電源スイッチ(必須)


AnetA8はコンセントを挿すとすぐ起動します
(他の多くのRepRap系も同じみたい)

通常使用の利便性からも必要ですが
XY軸の異常な挙動とかヘッドとテーブルの干渉、
出力中の失敗等々、緊急停止できないと困ります

手持ちにあったのは昭和チックなスイッチだけでした




X軸チェーンケーブル


thingiverse.comにあったものを使わせてもらいました
沢山のパターンが公開されていますが
黄印のコマ部分は共通部品みたいでY軸はもちろん
先端と終端で違う人のパーツでも繋げることが出来ました

目的:見た目がスッキリ





Y軸チェーンケーブル(重要)


ノーマルのホットベッドコネクタ位置(黄印)

テーブルが前後するたびにハーネスの重みがコネクタに伝わり
接触不良や断線の原因になり最悪は火災にも繋がります
(配線径やコネクタの造り自体も問題視されているようで)

コネクタをしっかりと保持する為にも
Y軸側はチェーンケーブルが必要と感じます







Y軸チェーンケーブルコネクタ部(黄印)

ホットベッドを左に90℃回転させて取り付けます
目的:断線予防

赤印はZ軸モーターブラケットの抑え






フレーム補強01


15mm厚のMDF材を敷いて
ブレケットやホルダーを使い
フレームアクリルやボルトを繋いでいます
死角にある裏側各所も同様に固定


目的:フレーム補強・水平出し

ガチガチの反対にクッション材で免震構造にする方法も見ました







フレーム補強02


左右のフレームをボルトで接続

目的:横揺れ防止




テーブル調整ネジ

ノブ2個で挟み込むタイプに変更

スプリング式は張力に指が負けて小さいノブが回せないのと
ダブルナットで締めるコッチのほうが
再調整の頻度が下がった気がします

目的:キャリブレーション簡便化


LCD移設


防温壁を付けたらノーマル位置のLCDが
屈まないと見えなくなり手前まで持ってきました

目的:操作性向上






監視カメラ

モモとモフ(猫)が稼動中のプリンターに興味深々
造形の妨害やホットエンドで火傷したりが心配なので
3Dプリンターは小部屋に退避させています

3mと離れていませんが一々立って見に行くのも面倒だから
お古スマホとアプリ(IPWebcam)で監視カメラを構築

夏になると車庫作業で離れますから
そのときは重宝されると思います


目的:出力監視




カスタムパーツ追加でネット検索すると山のように出て、
出力して-取り付けて-が楽しくて手段が目的と化してます
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。