モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレン:ドライブシャフト抜き取り

ドライブシャフト

リダクションカバーに残ったドライブシャフトの抜き取り
作業内容はカレン全種共通





ゲタに載せ矢印方向に圧力を掛けてベアリングから抜く

プレス機・プーラー・手叩き等、幾つかの手段がありますが
さほど固くも無いので今回はハンマーを使っての押し出しを選択
 


シャフトに適当なナットを噛ませて先端とネジ山を保護
ゴムハン・プラハンで真っ直ぐ・垂直に叩きます




ヘタレ握力でも2~3回叩くとシャフトが脱落
保護ナットを外してベアリングからシャフトを抜き取る



オイルシール

オイルシール取り外し





内径側にヘラかドライバーを挿し込んで
クルリと回して貼り付きを剥がしたら引き抜きます



ベアリング

リダクションカバーに残ったベアリングの抜き取り
ベアリングプーラーを使います






プーラーをセットして引き抜き





ベアリングレースシールドライバーでの叩き出しも可


ドライブシャフトの違い


リダクションカバーから抜いたドライブシャフト

シャフトの太さが違い、カレン前期ではカラーが入ってます
(6Vカレンの前期・後期も同じ仕様)



各部寸法


12Vと書いてますが6Vの前期後期も同じ
計測した数値は気まぐれで四捨五入していますから参考値です


クランクケース側の違い


ベアリングの有無とブリーザーチューブの形状が違います
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。