モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレン:ファイナルギヤ廻りの分解

ファイナルギヤ

エンジン後方の〇印に納められているのがファイナルギヤ
分解はカレン全種で共通の作業内容です





車載状態でも作業は可能ですがクランクケースカバー、
駆動系クラッチドリブン、Rホイールは外しておく必要があります

カレコ:クランクケースカバー取り外し
カレン:クラッチ廻り取り外し



オイル抜き

ドレンボルトだけ外してもオイルは抜けますが
オイル注入口ボルトも外し 空気を入れて抜けを良くします





オイル量は100ccもありません
全部が綺麗に抜けずに中に残りますから
後の作業に備えてキッチンペーパーやウエスを用意





それぞれのボルトにはシーリングワッシャーがあります



ファイナルリダクションカバー

ドレンボルトを1番として対角にボルトを外していきます
順番を気にするならオイルを抜く前にボルトを緩めるのが正解でしょうか





ボルト長さ





これで結合部分は外れていますが
カバー全周にガスケットが張り付いてて邪魔をします





乱暴ですがドライバーを打ち込んでいき剥がします





ケースが欠けるとオイル漏れ・滲みの原因になりますから
多少欠けても問題の無い上側から打ち込み





コツコツと少しづつ打ち込みと本数を増やして





最後尾はファイナルギヤ先端(赤印)を軽く叩くと
カバーが押されて残っていたガスケットが剥がれます





ガスケットが剥がせたらドライブシャフトごとカバーを引き抜き



ファイナルギヤ3軸

カバー内部には各所にワッシャーがあります
位置と順番を確認





クランクケース側に残るのは
カウンターギヤ (カウンターシャフトギヤ) とファイナルギヤ





嵌合されていないのでスルっと抜けます



他のワッシャー位置





ファイナルリダクションカバーのガスケットは欠品
自作するときは黄印の辺りが少し悩みますので
なるべく破らないように作業してください
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。