モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレン:腰上(シリンダー)取り外し

腰上の分解

ピストン、シリンダー、シリンダーヘッドの取り外し(黄印周辺)
それらの部品をまとめて腰上と呼んだりします
作業手順はカレン全種共通

※マフラーを外しておかないと作業出来ません


オートチョーク


カレコ化をするとほぼ外されるオートチョーク
残すのであれば配管は繋げたままで
ボルト(黄印)2本を抜いて退避させてください



シリンダーヘッドボルト

腰上を固定しているのはボルト4本だけ
まずは1番から順にボルト頭を90°緩めて




続いて順番に手応えが無くなるまで回して
緩め終えたらそのまま穴に残しておきます
(フィンが邪魔でボルトが引き抜きづらいだけで深い意味は無し)







ボルトはシリンダーヘッドごと引き抜き
これでヘッドガスケット、シリンダーヘッドが外れました



シリンダー

ガスケットが焼け付いてて素直に外れないシリンダーは
プラハンやゴムハンマーで一回り軽く叩いて引き剥がす





頑固な張り付きのときはフィンとエンジンの隙間に
メガネレンチを挿し込んでテコの要領でシリンダーを浮かせます




ガスケットが剥がれたらシリンダーを真っ直ぐ引いてピストンから抜き抜く



ピストン

ピストンの取り外し
ピストンピンクリップは左右にありますが外すのは片方だけ





外したクリップが飛び込まないようにウエス(布)を詰め込む






細いドライバーやペンチでクリップを外す
クリップは再使用不可なのでピストンに傷さえ付けなければ
強引に取り外しても(曲げても)問題ありません





クリップを外した反対側の穴からピストンピンを押し出す





ピストンが外れるとコンロッドに残ったベアリングが見えます
ベアリングをスルっと抜いて これで腰上の分解は完了です
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。