モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレン:フライホイール抜き取り


紹介する手順はカレンの12V前期・後期です
カレン6Vはモトコンポと同じ作業手順になります





フライホイールを固定しているナット





カレンのフライホイールを固定する特殊工具は持ってませんから
プーリーホルダーで代用して固定します





プーリーホルダーをしっかり締め付けるといけます





ホントは電動インパクトで外しちゃうほうが多いんですけどね





フライホイールはクランクシャフトに嵌合されていて
これの抜き取りに専用工具が必要になります





フライホイールプーラー

ピッチが合わない物を使っていましたが
今回のフライホイールが固くてとうとう騙せなくなりました
抜こうとしてもプーラーの掛かりが浅くて外れてしまいます




ピッチの確認

フライホイール側がP1.5





プーラー側がP1.0
解ってましたがやっぱりあっていません





適合するプーラーを探す為にネジ山の直径を計ります

おおよそ24mmだから太さはM24
ピッチはP1.5のプーラーが必要ってことですね





ホンダ純正工具の品番は07933-1550000
廃盤か欠品かは不明ですが入手困難っぽかったので
amazonで検索して同サイズの物を購入しました

モーションプロ(MOTION PRO) フライホイールプーラー M24 X 1.5





使い方は今までと同じ
フライホイールにセットします





手締めで①を締め込んで
次に②をクランクシャフトに当たるまで締める





黄印部をモンキーで掴んでプーラーを固定して
赤印をレンチで締め込んでいくとフライホイールが外れます





結構固かったですが無事脱落
ちゃんとした適合品を手に入れたので次回から安心してバラせます






クランクシャフトにはウッドラフキーが残っています
フライホイールにでも貼り付けて保管しておきます





失敗例

プーリホルダーを足がかりに2爪プーラーで抜き取り
テンションを掛けていくとホルダーが滑って駄目でした
今回みたいに固くなければいけるかも





代替案

M24-P1.5のナットを用意





爪が平行なプーラーでナットを掴めれば抜けるはず
プーラーを持っていればナットは数百円なのでお手頃


一番安い手段はハンマーで叩いて外す、なんですけどお勧めしません
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。