モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:フロントフォーク分解

モトコンポのフロントフォーク

以下の作業はステムを抜いた状態で行っていますが
フレームにフロントフォークが付いたままでも分解できます



各部名称

モトコンポはステムとフォークが一体型
アウターフォーク、インナーフォークは
アウターチューブ、インナーチューブ、と呼ぶこともあります



ディオ系と比較

ディオ(AF18)くらいからステムとフォークが分かれています
ディオのエンジンを載せた通称ディオコンポ等は
こちらのしっかりとしたフォークに交換されることが多いです



抜けてる右フォーク

タイヤ交換なんかでホイールを外したときに
右フォークがスカスカで不安になったりしますが「仕様」です
(スプリングが左フォークにしか入っていない)



ダストブーツ取り外し

ダストブーツ(黄印)
スプリングが無くて作業し易い右側から始めます





アウターフォークの淵に掛かっている
ダストブーツ上部をコジって外します

精密ドライバーやマイナスドライバーに
破損防止用のテープを巻いたり、細いヘラ状のものを使います





ぐるりと細ヘラを一周させながら下げる





ダストブーツを下げる
インナーフォークはまだ抜けません



サークリップ取り外し

黄印部分に抜け留めのサークリップが隠れています





アウターフォーク内側の段差に収まっているサークリップ
合口部分(黄印)を縮めて引き抜きます





取り外しにはサークリッププライヤーが便利
先端の取り付け方を変えることで
開 → 握って閉じる、 閉 → 握って開く が選べます
(この作業では握って閉じる)



インナーフォーク抜き取り

サークリップが外れるとインナーフォークが抜けます





インナーフォークはASSY部品
分解は推奨されていません



左側ダストブーツ

右と同様に外します





右側と違って少ししかダストブーツが下がりません





押さえ込んで隙間から作業します





縮めてー持ち上げー て、パチンっ(先端が外れた音)
自分だと片手では握りが甘くて上手くないです





仕方ないので持ち上げるのは断念
サークリップの合口を縮めておいて
出来た隙間に精密ドライバーを差し込んでまずは保持





まだ赤印側の半分が溝に埋まっている状態です
浮いている側の突起(黄印)をドライバーで突いて
回転させながらアウターフォーク内側の溝から出しました



インナーフォーク抜き取り

抜けた左インナーフォーク(黄印)
アウターフォーク内側から
スプリングとストッパーラバーも抜きます





インナーフォークが非分解だけあって
部品点数はとても少なくなっています

プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。