モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶接:エンジンテスト始動

エンジン溶接機ALW-150SS整備07

エンジン始動、その前に。

放置期間不明なエンジンですので
オイルの油膜が切れているかも知れません
保険としてプラグを外してCRCをシリンダー内に吹き込みます





バッテリー接続

載っていたバッテリーは死んでましたから
バッテリー溶接のバッテリーを使います
バッテリーが2個写ってますが繋げるのは1個(12V)だけ





セルモーターの確認

プラグを付けないでスタータースイッチを回し
セルモーターが動くどうか見てみます





スタータースイッチは車と同じ感覚
「運転」から「始動」にキーを捻ればセルが回りました

このスタータースイッチはツマミに見えますが
キーになっていて抜くことが出来ます




セルが回ったのを見届けたら
プラグを取り付けてガソリンを投入します
(堅実に行くならここでプラグの火が飛ぶかも確認)





漏れ・滲みのチェック

燃料ゲージのホース上下OK





フューエルタンク→フューエルコック間OK





フューエルコック本体も滲み無し





キャブレターもオーバーフローとか無し
OKのようです





いよいよ始動

「運転」位置にしてチョークレバーを引き
スローダウンスイッチは生死不明だから念の為OFF、
祈りながらキーを捻ってセルを回します





キュルル、ヴロロッンっとアッサリ始動
物凄い白煙はCRCが犯人だったようで
しばらくすると落ち着いた排気になりました





暖気程度にエンジンを回したらオイル量の確認

Fのちょい手前くらい。
出た量より入れた量が少ないのですが
ゲージと油圧警報装置を信頼してこれでヨシとします


ヤれた外装に反して機関系は良さそう
これなら溶接も問題なくイケるでしょう
(作業者の技術的な問題は残りますが)
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。