モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶接:フューエルタンク取り付け

エンジン溶接機ALW-150SS整備06

フューエルタンクのサビ取り
液体のサビ取り剤を使うのでニップルを塞ぎます





使うのはコチラ
鈴木油脂工業(SYK)液体サビ落とし
monotaroで購入したもので使うのは初めて





タンク容量7リットルに対して
原液1リットル、残りはお湯で希釈
約48時間漬けた結果、良好な効果がみられました

これなら旧車なんかの酷いサビでも
希釈率おとして時間を掛ければ十分使えるかも





コーティング作用は無いので放っておくと
サビが再発しますから中性洗剤と水で洗浄します





タオルをタンク内に突っ込んで
水を大まかに拭き取ったら
残った水分はドライヤーで強制乾燥





フューエルコック清掃

下側のカップはねじ込み式
左回しで外れます





細かい網目にサビが溜まっていますが
これでも通り抜けてキャブまで行くもんなんですね





フューエルコック本体は分解せず
各部清掃程度で組み直し





フューエルコック・タンク取り付け
これで始動確認が出来る状態になりました











サビ取り剤廃液はモトコタンクに再利用
ドブ漬けするのに更に水を追加
これで1週間ほど放置してみましょ
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。