モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードパルS前期?


とある方のご好意で もう一台Sエンジンをバラさせて貰いました
黒いクランクケースカバーは余り見かけないですね





駆動系とご対面してクラッチを外そうとしましたが
なぜかクラッチ穴(赤印)が小さくてホルダー(黄印)が使えません
前回と同じ手順で楽勝と思ってましたがなにやら怪しい予感





仕方がないのでフライホイール側でクランクシャフトを固定





ナットが取れたらプーラーでクラッチを抜きます
二段変速抜き取り:ロードパルS 」と同じ手段でしたが
いつものパッカーンって勢いは無く
スコっと言うかポロっとクラッチが抜けたんですよ





それもそのはずウッドラフキーがありません
クラッチプレートにキー溝(黄印)もありません

これが前期後期どちらか不明ですが
キー溝なしで滑らないのかちょっと不安

とは言え、キー溝の有無で選べるほど
ロードパルSのタマは無いから気にすると損かも知れません





・以下、実にならないお話


二段変速クラッチプレート裏側
セカンドクラッチを受けるプレートがあります



モトコンポクラッチ裏側
先のプレートをこっちに移植できれば
キー溝を生かせて滑りの不安を解消できない?
(キー溝が見えるように撮影するべきでした)





検証するためクラッチシューを外してみます
ピン(黄印)とスプリングで固定されていて
モトコも二段変速も同じ手順でバラせます





Eリング取り外し
ペンチやドライバーで合口と反対方向に抜きます





Eリング下のワッシャーを取ります





2箇所とも外した状態





ピンからクラッチシューを抜きます
スプリングを外してからシューを抜くのがスマートかと思いますが
シューにドライバーをあてて下からハンマーで打ち抜きました





クラッチシューが外れました
二段変速も同じ手順で分解します





二段変速クラッチプレートも分解
モトコと比較してみましょう





セカンドクラッチを受けるプレートは4箇所で留まっていました
黄印ピンから赤印ピンへと移せれば良いのですが、、、、





黄印部分、圧入されているのかビクともしません
セカンドクラッチプレートもガッチリ固定されていてお手上げです





ピン裏側
バーナーで炙ってプレスで抜ける?
現在の環境ではちょっと厳しいです

プレートの移植が出来ないとなると
この二段変速クラッチにキー溝を掘るか、
諦めてキー溝なしで普通に組むか、の二択
技術的に考えると普通に組むしかないのが悔しいトコです





せっかくクラッチシュー単体まで分解したので比較

二段変速クラッチ取付けで重さが違うと書きましたが
クラッチシューは全く同じ重さ
単純にプレートの重量で差が付いてるだけでした
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。