モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:キックスターター組み立て


クランクケースカバーとキックギヤ部品





キックペダル根元のオイルシール交換
91204-259-005 16x28x7





刻印アリが表、溝がある凹が裏
刻印が見えるように嵌め込みます





オイルシール外周に液体ガスケットを塗布して
指で押し込むとキュギュムっと入りました





スターターギヤの前側
組み立てに特殊工具は必要ないです





スタータースプロケットホルダー
前後の区別があります、と言っても
ボルトの位置関係からして間違えると付けられません
黄印のマークはスプロケの位置合わせに使います







スプロケットホルダーにドリブンスプロケットをセットして
チェーンを掛けたらクランクケースカバーへ取り付け





スプロケの刻印「A」とホルダーの矢印を合わせます
画像で言えば「A」をもう少し左回し
次の作業を終えるまで位置をキープ




キックアイドルシャフト取付け






シャフトの矢印が後方を向くようにしてセットします
(スプロケホルダー側の矢印と「A」がズレないように注意)





位置が決まればボルト(6x18)で固定





キックペダルが付くシャフト





スピンドルシャフトにスプリングをセット
スプリングの端(黄印)を穴(赤印)に引っ掛けます





スピンドルを軸受け(黄印)にセット
それぞれの合わせマークも確認





アイドルシャフトには矢印の同軸上にポンチマークがあります





スピンドルギヤの最初の谷(黄印)をポンチマークに合わせます





スプリング無しで掛けてみて確認





スプリング付きだとギヤを向けるのも一苦労です
キックギヤを仮付けしてスピンドルシャフトを回します





スピンドルシャフトと軸受けの間にスプリングが挟まるので
噛み込み防止として回すときに黄印にドライバーを挟みました





スプリングのもう一方の位置
クランクケースカバーの凸に掛けておきます
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。