モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:腰上の圧縮漏れ確認


組み終えた腰上(シリンダー廻り)
ヘッドガスケット、ベースガスケットから圧縮漏れしないでしょうか
1次圧縮漏れの確認と同じく空気を入れて試してみたいと思います





腰上用圧縮漏れ確認ツールを作ってみました




シリンダーヘッドのプラグホールに取り付けるパーツ

クランプインバルブ(monotaro)
不要な中古チューブもそうそう無いし
エアバルブが使えると判明したのでちゃんとしたのを購入

スパークプラグ変換アダプタ(SPARKHOBBY)
一番のネックだったプラグ取付け部分
クランプインバルブを取り付けるのに
丁度良いのがラジコン用でありました

エア漏れ防止目的のOリングは手持ちの適当なやつ





駄目だったことも書いときます

Oリングのサイズが宜しくなかったのかエア漏れしまして
これまた適当な水道管(蛇口)用のパッキンに変更





排気ポートを塞ぐパーツ

スチール板に脚キャップを取り付けて
シリンダースタッドボルト用に左右に穴を開けてます
これだけだと隙間が出来るので
エア漏れ防止に蛇口の調整パッキンを追加





それでは取り付けていきます
プラグと同じく最初は手回しで丁寧に




エア漏れしないように最後はプラグレンチで、
あ、あれ、普通のプラグレンチじゃスカスカで締まりません
RC用は小さいのね
16mmのディープソケットでOKでした





排気側

まずはパッキン(黄印)取り付け
都合良くマフラーガスケットと同サイズ





続いてフタをします
ナット(黄印)を締めていくとスチール板が曲がりましたが
用を成しているのでヨシとします





インマニのフタ

1次圧縮漏れの確認で作ったパーツの使いまわし





フタをしたら空気入れでエアを送ります





クラッチを回すとピストン位置を変えられます

ピストン上死点でエアを充填すると
ピストンが押されて少しクラッチ側が動きました
ヘッドガスケットからの漏れは見られず

次にピストンを下死点にして
クランク室にもエアが回るようにして確認しましたが
空気入れのポンピングも固いままで漏れは無いようです





ピストン下死点でインマニ側の空気圧測定
シリンダーを付けても相変わらず空気が入ってます
いいの?ダメなの?





ご近所に配慮して音が出ない自転車空気入れを使ってますが
コンプレッサーで確認することももちろん出来ます

今回のツールに圧力計を付けたりして拡張すると
最終的にケルン石塚氏のこれに近づくことになります






プラグアダプタの問題がクリアできた今なら作れる?
しかしモトコ(2スト)にはそれほど生かせないか
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。