モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:オイルシール打ち込み

クランクシャフトのオイルシール取り付け

品番は左右共通で 91201-147-003
クランクシャフト左右で計2個必要です

品番変更されたのか届いた物は
91201-GW2-000 となっていました




サイズは15X25.5X7ですから問題はないでしょう





クランクシャフトの接触面(内輪側)と
裏面の溝(赤印)にグリスを塗って
クランクケース接地面には液体ガスケットを塗布します








Rクランクシャフトオイルシール

クランクシャフトにオイルシールをセット

オイルシールの打ち込みに
スカッシュ(カレン?)のプーリーボスと
インストーラーの自作アダプタを用意しました





最初にプーリーボスを使って
足りない後ろ分を自作アダプタで打ち込みます

プーリーボスはシャフト内径にピッタリで
油断してもオイルシールが斜めに入りません





プーリーボスだと外径が小さくて
オイルシール外周が打ち込み不足になりますから
自作アダプタで深さを調整していきます





はみ出たガスケットやグリスを拭けば完了

で、この右オイルシールの打ち込み量ってナンボ?




サービスマニュアルには「取り付ける」の記載だけ。

仕方ないのでバラした他エンジンで
オイルシールの深さを測ってみると
3.8~4.0mmくらいで打ち込まれてました





クランク室から見たRクランクケース

黄印にオイルポンプのシャフトが通ります
4mmほど打ち込むとケースとシールが
だいたいツライチ(赤印)になるようです






Lクランクシャフトオイルシール

手順は右オイルシールと変わらず

グリス・液体ガスケットを塗布して
プーリーボス、自作アダプタで打ち込みます





左オイルシールはそれほど悩むことなく
クランクケースにツライチで打ち込み





ファイナルシャフトオイルシール

品番:91254-187-005 オイルシール 24x40x7
必要数1個
これも 91254-GE8-005 に変わってました





これも内側にグリス、
外側に液体ガスケットを塗布しておきます





組み付けは表がホイール側、
裏がギヤ側を向くようにセットして
ベアリングドライバーで打ち込み




ミッションオイルに晒されて
グリスは流されるでしょうけど
駄目な理由がなければ塗っておきます
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。