モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:腰下組み立て(右側)


Rクランクシャフトの引き込み
(Lクランクシャフトの仕上げも含めてます)





Rクランクシャフトを入れる前の作業
Lクランクケースにガスケットとノックピンをセットします
必要数はノックピン2個、ガスケット1枚

ガスケットの黄印部はコンロッドの邪魔になるのでカット
上側のインマニ部分も不要ですが
バラけてズレるのも嫌なので残しておきます





ノックピンを黄印の二箇所に差し込んで
Lクランクケースの合わせ面に
液体ガスケットを塗布してからガスケットをセット

クランクケース左右ノックピン穴にグリスを塗って
焼けカジり付き防止としておきます




ノックピンの全長は20mm
対して、差し込んだ残りの突出量が12mm程

打ち込みが足りないかと思いきや
Rクランクケース側ノックピン穴を測ると15mm
不均等でR側が深いからバラしたときに
そっちにばかりノックピンが残るのね




クランクシャフトにRクランクケースを通して
ノックピン(黄印)の位置を合わせます





ガスケットがズレていないか確認
(液体ガスケットのおかげで簡単にはズレません)





このインストーラー二つ目の不満点
内径が大きくてクランクケースのフチに当てられません





適当なカラーを当てて足場を作ります
あとは順次、インストーラーをセット





左クランク側と同様に引き込んでいきます





キチンと引き込めていれば
黄印の隙間が平行を保ったまま狭くなります





ここでまた隙間を残して中断





この時点でのRクランクケースとクランクウェブの隙間
余裕を持って左側の引き込みに戻ります





インストーラーをセットして左側を引きます
まだ全部引かないで9割引きくらい
経験値が足りないのでチマチマやるしかありません





他のモトコEgを参考にして
黄印の隙間を見ながら赤印のコンロッド中心線を
ケース合わせ面に重なるまで右側を引き込みました
(最終調整用にほんの一締め分だけ残します)





また戻って右クランク側
今度はボルトを取り付けて同時作業です





インストーラーとボルトを交互に締めていきます
どちらを締めてもパキパキと音が聞こえて
クランクケースを押してる感触が伝わってきます





クランクケースが合体したら
トルクレンチを使って本締めします
1回目0.5Kg-m、2回目1.0Kg-m

ここでクランクシャフトを回してみると
ズルズルとかなり重たい状態です










Rクランクケースを締めて押し込んだから
回りが悪くなっていると予想できます

そこで引き代を残しておいた左側を
ちょっとだけ引いてみます





クルクルんっと軽やかに回ります

予備エンジンが無いときは分解前に
コンロッドの位置、クランクシャフトの引き出し量、
クランクケースとクランクウェブの隙間等、
みっちり確認しておいたほうが無難だとおもいました
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。