モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランクシャフト挿入工具用アダプタ



”しっかりやろう”が今年のテーマ

腰下を組むのに気を付けることは無いか考えていたら
クランクシャフト挿入工具について疑問が沸きました

この構造だとベアリングに負担が掛からない?





モトコ:クランクシャフト挿入工具で書いたように
イメージとしてはクランクケースで踏ん張って
クランクシャフトを引き入れるわけですよね?

ベアリングの外輪はクランクケースに固定されて
同内輪にクランクシャフトが圧入されてくる と。





ベアリング内径にクランクシャフトを圧入すると
なにも押さえがないベアリング内輪は
外側へと負荷が掛かってよろしくない気がします





そんな疑問をグーグル先生にぶつけてみると
カラーやアダプタを作成している人を紹介してくれました
フランジ付きパイプで内輪を押さえるようです

モトコに使えるアダプタの条件となると
クランクシャフトが通る内径、
ベアリング内輪を押さえられて且つ
クランクケースのオイルシールより小さい外径、
インストーラーで押さえる為の上部フランジ、

う~ん、結構メンドくさい





ホームセンターをうろつくも収穫ナシ

家中のパイプを睨み続けていると
カレンのステムシャフトがなんか良さそうです





ネジ山を少し残してカット
切った短いほうを使います





ステムナットを合わせて
インストーラーを受けるフランジにします





ダブルナットの要領で固定
雑な切断で平面がでてないほうにナットを付けます





偶然、ステムナット外径が
インストーラーの内径に適合





黄色がアダプタ、黒がインストーラー

内径外径の凹凸が合わさることで
セット時にズレる心配が減りました





ベアリング内輪の押さえもOK





オイルシール外径よりも少し細くてピッタリ





都合が良すぎるだろうと思ってたら
案の定、落とし穴がありました

左クランクシャフト(黄印)ではOKだったアダプタも
右クランクシャフトだとオイルポンプ駆動用のギヤ(赤印)に
当たってしまい通らないことが発覚



、、、テーマを ”去年よりはしっかりやろう” に変更して
アダプタを使うのは左クランクシャフトのみ、
右側はベアリングの負担覚悟で組むとします






没アダプタ

スカッシュのプーリーボスと水道管の中間ソケット
プーリーボス+大きい座金も候補に挙げましたが
部品が分かれていると勝手が悪く
精度に影響しそうなので取りやめました

これらも同じく右クランクシャフトには
内径が足りずに使えません
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。