モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:クランクシャフト検芯

50cc単気筒ならクランクシャフトの芯出しは
個人でもできるそうですが
作業者の技術不足により検芯(測定)のみです


測定練習用にサビ付きクランクも出してますから
使えるのは実質3本のみ
ベストオブベストを選ぶと言うより
振れがないか見ておこうって姿勢です



山田商会:「芯出す蔵」(現在、製作・販売してません)

内地時代に倉庫の不要品を山田さんにあげたら
タダじゃ悪いからとお礼に頂いたものです
未だ使いこなせてなくてスミマセン

マイクロメーターは測定素人には十分な1/100





サービスマニュアルによると
測定点は中心から60mm、
使用限度は0.15mmとなっています





クランクシャフトを一周させてメーターが0.06mm動いたなら
振れはその半分(半径)の0.03mmになる計算です
サービスマニュアル数値は一周か半分か記載なし


クランクが弱いと言われるモトコですが
測定してみるとほとんどが
0.04~0.06mmと意外にも好成績でした





余りにも数値が良すぎるので
何か間違っているかと不安になりましたが
0.3mm以上振れているのが出て一安心(?)

記録メモを見るとしんげんさんのモトコEgの
フライホイールが溶接されていたR側シャフトでした
不調の原因は振れからくるオイルシール抜けだった?





コンロッド大端部軸方向隙間測定
シックネスゲージで測ります





黄印の隙間にゲージを挟みます

これはどれも大きなガタは無しで
0.28~0.30mmまでのゲージでストップ
直角方向のガタは今回は未計測です






クランクシャフト5本を計測した結果
"フライホイール溶接"を除けば
どれも許容範囲に収まっていました

走行距離が短く回されないモトコEgだと
クランクシャフトが振れることは少ないんでしょうかね
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。