モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植前のおさらい02

「凸の頭から何mm削る」だと
切削途中で不安になりそうなので
「基準面から何mmまで削る」の方法を取ってみます

その為にはモトコとロードパルSで
同じ高さの面を探して
何mm削るかを決める必要があります



クランクシャフトの引き出し量

L字アングルを当ててオイルシール外枠までの長さを計測
フラフラしながら数回測ったところ62mmちょいで
誤差を考えると両車同じと判断します

ここが同じならクラッチの収まる位置も同じで
ロードパルSの凸数値をそのまま写せばいけるはずです



ちょっと測っただけですがノギスの保持が面倒で
真っ直ぐ測れているか見直すのも大変でした

もう少し安定した計測が出来るように
アルミアングルに穴をあけて平行・垂直の補助にします




穴にノギスのデプスバーを通して測ります
これなら少しは信頼性が向上するでしょう

アングル分の厚みが数値に上乗せされますが
比較するだけなのでそのままの計測結果で扱います




デプスゲージもどきで測定開始

クランクケースのフチから
オイルシール外枠までの深さを測ります

0.1mmくらいは誤差の範囲内として
クランクシャフトの引き出し量が同じ、
フチからオイルシールの高さが同じ、となると
モトコンポとロードパルSは
クランクケースのフチは共通で
計測の基準面に使えると判断します





フチを基準にすると決めたら
ラチェットプレート台座を計測します

念の為に凸の左右も含めて4点を計測





計測結果は

ロードパルSが約13.5mm
モトコンポは上部が約5.65mm、下部が約5.85mm
(数値が大きいほど深い)

ロードパルSからモトコンポを引いて削り代を出すと
上部が7.85mm、下部は7.65mmになります
「モトコンポ 二段変速」でググったときの
7mmちょい削ったって数値とかなり近いです





それじゃあフチから13.5mmまで削りましょうか
と、行きたいトコですがまだ疑問点があります

チェーンテンショナーを固定している凸台座(黄印)
フチから計測するとロードパルSの19.36mmに対して
モトコンポは12.4mmしかありません





テンショナー台座が高くて
ラチェットプレート取り付けの邪魔になります

二段変速移植をした他の人はどうしているんでしょ

・そこには言及していない
・ボルトを付けないで高さ(深さ)を稼ぐ
・テンショナーも含めて加工する

見当たる情報はこのくらい

好みからすると2番目の対策で、
ラチェットプレートでテンショナーを押さえる が自分に向いている感じ
テンショナー台座をギリギリ詰めて
どれだけ13.5mmに近づけられるか勝負です
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。