モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:中古中古の寄せ集め


腰上の組みなおし、
の前にやり忘れてた泥落とし

口を開けたクランクケースにウエスを詰めて
ワイヤーブラシやボンスター、クリーナーを使って
(ある程度)キレイにしておきます





ピストンピンクリップ取り外し
左右のどちらか1本だけ取ります





ピストンピンクリップ(黄印)は再利用不可
間違えて使ったりしない内にスグ捨てましょう





反対側からピストンピンを押し出します





ピストンピンが抜けてピストンが取れたら
コンロッド小端部からベアリングが出てきます

再利用するのは
ピストンピンと小端ベアリング





パイルドライバー風にエンジンを逆さに抱えて
パーツクリーナーでクランクケース内を洗浄します

今回は軽症とはいえ焼き付いてたから
細かい破片を残さないようにジャバジャバ吹きます





クランクケース側の面取り
オイルストーンでガスケット接触面を磨きます

磨いた後はボルト穴を洗浄して
ウエスを取って再度クランクケース内も洗浄します



適当なストックシリンダーを選んで
こっちのガスケット面もオイルストーン磨き





ヘッド側も磨きます





シリンダーヘッドのガスケット側も
オイルストーンで磨きます





これもよくある罠
マフラーガスケットの不法滞在





ドライバーでコジってやっと取れる固さ





ガスケット跡が解りますか?

マフラーを外す機会があれば
2枚重ねになっていないかぜひご確認を。





組み付けるピストンも中古
ピストンリングもお揃いでお古です

スカッシュかABタクトか不明ですが物は一緒





やっと新品部品の登場

ヘッドガスケットはちょっと薄いライブDio用
ベースガスケットはポートタイミング変更用に2枚重ね
ここら辺は気休めですね

ピストンピンクリップの必要数は1個
(ピストンの片方は外していないから)






腰上を組み付けて と
(以前の作業/カレコ:シリンダー組み込み )







出来ました

でもね、コレの焼き付きの原因が不明
前オーナーの誰かがオイル管理の不足で
やっちゃったってんなら心配ないんだけど
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。