モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:エンジンを降ろそう


焼き付き修理のきっぺいモトコ

腰上だけ外しての作業は可能ですが
指が不自由な自分は狭いと色々キツいから
急がば回れでエンジンを降ろしちゃいます





・大まかなエンジン脱着手順




Rホイールナットを緩める為に
紐やロープでRブレーキ固定
パーキングロックじゃ弱いのよ




Rホイールナットを緩める
車体とのバランスを考えて
タイヤはまだそのままで取らない





エアクリーナーボックス取り外し
ボルト(黄印)2本固定で
後はキャブに嵌っているだけ。

ついでにRショックのボルト(赤印)も取る





上部のダクトを先に外すと取り易いかも。





エアクリーナーエレメント(黄印)
劣化無し、コシもあって交換済みでした





ちょっと気になった箇所





キャブの大気開放のステー?クリップ?と
Rブレーキケーブルインナーとの干渉

あんまり起こして留めると接触するのね





キャブレターに繋がるケーブル類の取り外し





スロットルが黄印、チョークが赤印
チョーク側がプラ製で脆かったりします





抜いたら保護目的に適当なものを巻いて
チョークバルブ(黄印)は脱落防止に
チョークレバーONにして引っ込めます





フューエルコックレバーOFFを確認して
フューエルホース(黄印)取り外し





オイルホースを黄印側から抜いて





オイルが漏れてこないように
ゴルフティーで栓をします





Rブレーキナットを緩めて抜いて





エアクリーナーステーから
Rブレーキケーブルを抜きます





エンジンとメインハーネスの配線
フレーム中央右側




カプラーはオイルレベルセンサーだけで
あとは同色の配線同士だから
テキトーに抜いてもそれほど困りません





スロットルのオイルポンプ側ケーブル





ナット両合わせ締めで
固いときはスパナが2本必要





オイルポンプを全開にして
ケーブル先端(黄印)のタイコを抜く





プラグキャップも忘れずに。





最後にエンジンマウントのボルト
左側のボルト頭を押さえて





黄印のステーからハーネスを外して
赤印のナットを取ります





Tレンチの柄を打ち込んで
ボルトを左側に押し出して





ボルトが粗方出てきたら引き抜く





フレームを右に左に操って
エンジンを抜くと言うか置き去りにします

これでやっと腰上整備のスタート地点
念を押すと、本来こんな手間は要りません
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。