モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:お手軽最高速UP ボス加工


カレコ定番チューニングのプーリーボス加工
ボスを短くして変速域をちょこっと移します

木片を使ってボスを万力にしっかりと固定させ
ディスクグラインダーでまずは大雑把に切削します





荒削りでもある程度の平行は意識します
この段階でボス長は32.6mm





ベルトサンダーで仕上げ
このままだと平行ガイドの掛かりが浅いから





黄印の木片でガイド延長
赤印の木片でボスを支持

目標は32.5mm




最初の荒削りが荒すぎだよ

このキズを消そうとすると
目標値を超えるんでここら辺で妥協





計測すると32.4mm
0.1mmオーバーですが許容範囲





4箇所測ると一箇所だけ32.3mm
こっ、これも許容範囲ですよ





ボス加工が終わったら交換します





赤マジックで線を引いておいた残り
ボス加工するとこれが消えるまでVベルトが移動します





プーリーボス加工は変速域が変わります
例えるなら今までは1速から4速を使っていた所を
2速から5速を使って走るような感じです

2速発進となると出足が鈍ることもあるので
ウェイトローラーを8.5gx6個から8gx6個に変更します





プーリーボス取り付け

ボスは切削した面を奥(クランクシャフト側)に、
未加工側の面をドライブフェイスに向けます
平面をしっかり出せているならどちら向きでも構いません





組み付けたらお出かけです

駆動系の組み付け直後はVベルトが弛んでいて
発進時にモタつきを感じますが
少し変速させるとすぐに通常動作に戻ります





アクセル全開はガマンしてハーフスロットルで様子見
前回のRタイヤ交換で45だったのが
するするっと速度が上がって48~50まで届きます





期待を込めてアクセル全開

前回と同じ道を走ってみて最高速は55がいいとこ
加工前TOP51~53から+1~2って
プーリーボス加工にしてはちょっと寂しい?

+2~3は欲しいよね






プーリー取り付け手順
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。