モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:無駄手間?安心できるならOKです


さぁ、ヘコたれずにガンバリますよ

最初の始動で発生した異音が気になります
傷でも付いてないか心配だから腰上を確認してみましょ





セーフ!

異音は気のせい?
スグにエンジン切ったのが良かった?

ピストンピンクリップも嵌っているし
ピストンリングとノックピンの位置もOK
シリンダーもピストンもなんともナシ

一歩前進




オイルポンプ周辺にオイル(圧縮)漏れの痕跡はナシ
もう一歩前進




ところがクランクケース側にオイル溜まり発見

ガスケット抜けの1次圧縮漏れ?、、、、、
いやいや!
オイルポンプ故障疑惑と同じでそれならもっと始動困難なはず
深く考えすぎだってね




きっとここら辺からオイル漏れしてるんでしょう

ん~、、、、、濡れてない
それに一晩放置して床にシミも出来てない


ヨシ!解らないことは後回し、戦略的後退




オイルポンプそのものはどうなのよ?

電動ドリルでオイルポンプを駆動させてみましょう
クランクとオイルポンプのギヤの減速比は知らないけど
生きてるならとにかく回せば幾らかオイルが出てくるはずです





オイルタンクのホース(黄印)を接続してドリルを回転させると
正常なら赤印側のホースにオイルが送られます





ギュイーン!
電動ドリルの回転数表記は1200rpm
遅いかなっと思いつつも直回しだとムニムニとオイルが出てきました!

どうやらオイルポンプは正常みたい
キャブと繋がるホースにエアが溜まってただけで
いつも通り混合にしたあと走って回転数あげればキチンと抜けた?

とりあえず一歩前進



腰下にオイル池は見当たらず
中から外へオイル抜けした可能性もなしってことでもう一歩前へ。





キックしてクランクシャフトを回して
オイルポンプへのギヤが欠けてないか目視確認

これも問題無し





スッキリしたトコで腰上の組み付け





疑いの晴れたオイルポンプも
Oリングとギヤに2ストオイルを塗布して組み付け





黄印の隙間が無くなるまでオイルポンプを挿し込んで
入りが悪いときはキックしてクランクシャフトを回してギヤを合わせます
最後に赤印のステーで固定

腰上OK
オイルポンプOK
謎のオイル溜りがNG

結局、手直しは無いけれど心配事は減りました
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。