モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ス] 続く試練、再度焼き付き



直ったと喜んだ次の日の出来事

山に向かってダラダラ走って負荷を掛けてのテスト走行中に
一瞬、怪しい回転の落ち込みを感じました

ヤバい?と思いアクセルをゆっくり戻してUターンを狙うも
”ムギュ”っとブレーキ掛けられたようにタイヤがロックされてエンジン停止

「こうやってハッキリ止まってくれりゃ焼き付きって解るんだよ」
「こんなこともあろうかと帰りは下りになるように登ってたのさ」
等等、強がりを言って木陰でエンジンを冷ましてると
なんとか無事に再始動できて帰りつくことが出来ました





心のクールダウン

帰ってきて最初にやったのはミッションオイルの交換
ワンクッション置いて現実逃避します

スカッシュのドレンボルトは黄印、オイル注入は赤印から




木陰で休憩中に文系さんに泣きメールをしてました
「焼き付きの原因は?オイルポンプが逝ってない?」

そうだよねぇ、
アクセル開けないでガスが薄い状態で登っていって
エンジンに厳しかったとはいえそれだけで焼き付くワケが無い





冷却時間が短くても再始動できて普通に走ったことから
腰上は開けないでそのまんま使うことにします

オイルポンプ本体の故障診断も後回しにして
まずはガソリンの混合比をあげてオイル不足による焼き付きか確認

おおよそ25:1にして
これで焼き付きが再発しなければオイル不足が原因

考えたくないけど再発しちゃったら、
オイル供給されてて焼きつくその他諸々の厄介な原因 となります





混合比を上げてエンジンスタート

?、なんか排気ガスがほとんど見えません
25:1でもこんなに出ないっけ?
オイルポンプ側からは殆どオイルが回っていない?





家まで押して帰れる距離を考えてビクビクしながらテスト走行

再度焼き付いたわりにはアクセルのツキも悪くなく
アクセル全開にしなくても6の段くらいまでは確認できました





更に足を伸ばしてちょっと遠出してもキツい坂を登っても問題なし

うん、どうやらオイル供給不足で決定のようです



プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。