モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピニオンASSYの組立て(セルモーター)

ピニオンASSY組、、、
適切なカテゴリーが思いつかずで
元に付いていた車輌の”カレコ[サトー]”に突っ込む


サビ取り
バラしたピニオンを駆け足ブラスト
ブツブツと取りこぼしがある




防錆
バラしたピニオンを駆け足簡易メッキ
ノリが悪いしムラがでた


教訓:急いだらロクなことはない




ワンウェイクラッチ解明できず
簡易メッキでサンポールに漬けたら固着が解消したのか
発電所の地図記号みたいな部分が動くようになりました

あの3ピースの部品だけでどうやってロック・空転やってんだろうと思ってたら
ギヤ上段にクラッチが内臓されているようです

バラそうにも分解の糸口が見つからずで
とりあえずパーツクリーナー→CRC→グリスのコンボで再固着を防止
(以降グリス塗布の記述は省略してますが節目ごとに行っています)



組立て
ギヤ上段のクラッチ側にCクリップとワッシャーを取り付ける
(パーツリストはASSY扱いなんで部品名称がわかりません)




クラッチ側に3ピースのコマを取り付ける




欠損してた輪状スプリングは初期タクトのピニオンギヤから拝借
分解しなくても隙間から取れました




コマとツメとワッシャーの位置関係に自信なし




コマを留めるようにスプリングを装着




ギヤ下段のシャフトにギヤ上段をセット




カップにスプリングをセットしてシャフトに通します




カップを押し下げながらワッシャーとCリングをセット




取るときも嵌めるときも無理をして歪んだCリング
ワッシャーとできるだけツライチになるようにペンチで整えます




悪あがきにワイヤーブラシで磨いて完成
ピニオンギヤが直ってセルモーターが1個復活するからこれは一勝か。
簡易メッキを細かい形の部品に使うと細部が磨けないことも学べました



プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。