モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンの見分け[部品編]


需要があるかは不明ですがもうちょっと細かい部品まで判別

●ジェネレーターで判別:6Vか12V

ジェネレーターカバーを外した状態
黄印:ジェネレーター、赤印:フライホイール

6Vはジェネレーターカバー→フライホイールを取り外すとジェネレーターが見えます
12Vはジェネレーターカバーにジェネレーターが取り付けられています
(6Vカレンの画像は無いんで同型のモトコで代用)


●駆動系で判別:役立たず情報


・プーリー側

プーリー側は全種共通
見分けがつかないと言うかつける必要が無し
6V・12V・前期・後期どれとでも入れ替え交換可能

・クラッチ側

クラッチは前期と後期で保持の仕方に違いがあります
6V前期から12V前期、6V後期から12V後期へクラッチ移植は可能ですが
6V前期から12V後期等の組み合わせは不可
前期は前期、後期は後期で合わせます

クラッチ側のメモと画像を消失しちゃいました。

●ファイナル3軸で判別:前期か後期

カバー(ファイナルリダクション)を外すとファイナルギヤの3軸が見えます

・内部構成


・ドライブシャフト

カバーに取り付けられたままのドライブシャフト
前期はシャフト根元、オイルシール手前(赤印)に段付き
後期は黄印に段はありません

見た目でシャフト形状にちょっと違いがあるし
太さも、前期12mmから後期15mmへと変わっています

※前期シャフトの太さを訂正
誤:13mm → 正:12mm
ご指摘ありがとうございました(^^)


・ドライブシャフト(取り外し)

シャフト形状の他にギヤの仕様が違います
前期はギヤの歯が斜めのヘリカルギヤ
後期は平行な歯の平ギヤ

・カウンターシャフト

前期はシャフトとギヤが一体式
後期はシャフトとギヤが分離します

シャフトとギヤが組まれている状態でも
前期はヘリカルギヤ、後期は平ギヤだから区別できます

・ファイナルギヤ

ファイナルギヤはRホイールナットと同じ見方
前期:割りピン穴有り、後期:割りピン穴無し になります
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。