モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンの見分け[車体編]


冬季作業がなにも進まないんで
ほったらかしてたメモをまとめてみました。

カレコ化の話は置いておいて
純粋にカレン型式判別方法を挙げていきます


●基本は号機確認

フレーム号機の打刻はステム左横
「AB04-*******」と打たれているはずです
それを覚えるなりメモするなりして次へ


・号機管理表

先の号機番号と号機管理表を照らし合わせます
お手持ちの型式は適合しましたでしょうか?

恥ずかしながら自分は昔っから、この表が苦手で利用したことがありません
ですから、**が付いてるからNX50zだ、**だからNX50Mzだ、と書けませんので
以降は
6V前期
6V後期
12V前期
12V後期
の4種類の表記とさせて頂きます

※とりあえずカレンSは12V後期と同じ扱い
※6V後期は資料不足の為 判定の信頼性が低い可能性アリ


●ハンドルスイッチで判別:6Vか12V

右か左のどちらかが見えていればOK

・右ハンドルスイッチ

セルスイッチが付いていれば12V

・左ハンドルスイッチ

ライトHi-Lowスイッチがあれば12V

・6Vカレンはモトコと同じ

セルスイッチもHi-Low切り替えも無ければ6V
(画像はモトコンポ)


●シート付近で判別:前期か後期


・シート下

シートを上げるとオイルタンクとバッテリーが見えます
オイルレベルセンサーが付いていると後期、無ければ前期
(画像の車体はレベルセンサーがあるから後期)

バッテリーが6Vなら6V、12Vなら12V、まんまですね
赤印のステーは6V・12V共用
6V刻印の裏に12Vの文字も打たれていて判別材料になりません
現にこの12V車も6V刻印が表になってます

・オイル残量確認窓

フレーム左側面
オイルレベルセンサー未装備の前期はオイル確認窓有り
オイルレベルセンサーが装備されている後期は窓無し

●6V・12Vと前期後期の判別組み合わせ:まとめ

セルスイッチ→無し:6V 有り:12V
オイル確認窓→有り:前期 無し:後期

上記2つの結果を組み合わせると

セルスイッチ無し+オイル窓有り=6V前期
セルスイッチ無し+オイル窓無し=6V後期?(6Vでレベルセンサー付きがあるのか未確認)

セルスイッチ有り+オイル窓有り=12V前期
セルスイッチ有り+オイル窓無し=12V後期

これらは「カレン」の形が残っているときに有効です
カレコ化を狙っているときにありがちなエンジン単体での判別は次回へ。
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。