モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトコ:クランク割りはどっちから?


納得いかなかったクランクケース割り
技量か手順かエンジン状態か 一体どれが悪かったのやら

技量だとすれば経験不足?
Rクランクケース側から外したのがダメ?
エンジンの程度が酷かった?





もう1台バラせば答えに近づくかもしれません

幸いなことに仲間内からモトコEgを貰える機会が多く
検証目的で気軽に試せるってのは助かります





Rクランクケースから外した前回とは反対に
Lクランクケース側から取り外してみます





クランクシャフトを押し出していくと
クランクケースが別れ始めました




上部に隙間が出来たとき下部も同じ幅になっています

クランク割りのセオリーも知りませんし
たった2回で結論出すのは早いですけれど
自分にはLクランクケースから取るのが向いているみたいです





両方のベアリングがシャフトに残りました

モトコはクランクケースが弱いって話がありますが
ベアリングがケースにしっかりと保持されていない?

スポンサーサイト

モトコ:ブッシュ交換ツール


もののついでにブッシュも抜いてしまいます

エンジンハンガーラバーブッシュが左右1個づつ
リヤフォークアンダーラバーブッシュが1個
(長いから以下Rショックブッシュ)





プレス機があると便利なんですが残念ながら持ってませんし
クランク割った状態じゃないと勝手が悪かったりします

今後のことも考えてエンジンが組んである状態でも
ブッシュ交換できるようにツールを準備することにしました





ブッシュ交換で検索するとよく見られるパターンで
ホームセンターで揃う部品で作れます
今回はナットAを楽に回せるようにベアリングを使ってみました





シャフト(全ネジ)をメガネレンチで固定して
ナットAを締めこんでいくとソケットが押し込まれていきます
ナットBは指でキュっと締めた程度ですが
シャフトは回さないから抜けたりすることはありません





ドライバーソケットが中に入り込んで
水道管ソケットにブッシュを押し出しています





Rクランクケースのブッシュは抜けましたが
Lクランクケース側はこのままでは使えません





クランクケースの出っ張り(黄印)が
どちら向きにセットしても干渉します

水道管ソケットに切り込みを入れて対応してみました





切込みが浅いからこの向きでしか使えませんけど
曲がらずに真っ直ぐセットできています





後は同じ手順でブッシュが抜けます





Rショック側のブッシュ
基本的に一緒ですが細部変更しています

ドライバーソケットに合わせて全ネジを細く
ベアリングを水道管側に移動
画像左の水道管側のナットを締めます
(画像はブッシュが抜けてます)


ブッシュの外径合わせがシビア過ぎて
ドライバソケット側のナットを締め付けると
どうしてもズレて上手くいかなかったので
「ナットで押し込む」から「全ネジを引き込む」に変更です


ちなみに
エンジンハンガーのブッシュは1個¥529(2014年)
Rショックのブッシュは 廃盤 となっています

モトコ:ベアリングとオイルシール抜き


クランクシャフトベアリング

クランクシャフトとクランクケースにベアリングが残っています
ベアリングがどちらに残るかは
Egの個体差による所が大きいので割ってみるまで解りません
(腰下を割ったらクランクのベアリングとオイルシールは必ず交換)



クランクシャフトに残った場合

プーラーか それに準する工具が必要になります





黄印のベアリングとシャフトの隙間に
プーラーの赤印部分を噛ませて割り込ませます
(赤印はサンダーで削って薄く加工)





クランクシャフトを押し出してベアリングを抜きます





クランクケースに残った場合





ベアリングプーラーを使います





ベアリング内径に合ったコマをセットして
ベアリングをクランクケースから引き抜きます

クランクケースにベアリングが残ったときは
プーラーを使わずにオイルシールを先に抜いて
後述の打ち出し方法で取ることもできます





オイルシール抜き取り

画像左:Lクランクシャフトオイルシール
画像右:ファイナルギヤオイルシール



Rクランクシャフトオイルシール

いずれもクランクケースに傷を付けないように抜き取ります
取り外し前に打ち込み量を確認しておきます
(サービスマニュアルにオイルシール打ち込み量の記載なし)





ファイナルギヤベアリング

ベアリングレースドライバー(黄印)
無ければ径の見合ったドライバーソケット等を使います
ここのベアリングは必要を感じたら交換でOKです



ガツンと真っ直ぐに打ち抜きます




ドリブンスプロケットの軸受け

穴が貫通してないのでプーラーを使った引き抜きしかできません





ベアリングプーラーをセットすると
リブが邪魔して足場(黄印)が不安定、
引き代(赤印)が不十分で引き抜けない





Lアングルをゲタにしてカサ上げしました
ゴムが伸びて(黄印)踏ん張られますがなんとかクリア






ここの軸受けなんですが
パーツリストで品番が割り当てられていません
つまり注文できません ってことです

ムキになって取ることもないっていうか取っちゃダメ?


モトコ:ノックピンの抜き取り


Lクランクケース駆動系側

ケースカバー側などのボルト穴は余裕(ガタ)がありますから
部品を適正・正確に取り付けるのにノックピンが使われます





駆動系側ノックピンはそれほど精度を必要としませんが
安い部品なので交換しておくとしましょう





ノックピンをそのまま掴んで潰すと面倒ですから
中に適当な芯を入れて補強します





焼けもサビも無いから2本ともスンナリ抜けました





厄介なのはクランクケース合わせ面のノックピン
焼け・サビがバッチリの逸品です
こっちは精度が必要ですから一度バラしたら要交換



クランクケースを割るときに最後まで抗った側のノックピン
やっぱりガッチガチに固まっててビクともしません





インマニ側ノックピンも意外にガチガチ

炙ったりCRC掛けたりしましたが効果なし
結局はリューターでノックピンの内側を削って取りました

モトコ:腰下 クランクケース割り


クランクケースを外してクランクシャフトを取り出します
左右に開くように外すからなのか
「クランクを割る」とか「腰下を割る」と言われています





クランクケースを留めているボルトは6本
このエンジンのボルトAは欠品していました





パーツリストで確認すると
ボルトAは6x80
ボルトBが6x60
残り4本が6x45

クランクケースを固定しているボルトを抜いても
ノックピンとガスケットでガッチリ貼り付いていますし
クランクシャフトがベアリングに圧入されていますから取れません




そこで特殊工具のクランクケースセパレーター
これはスズキ製だったりしますが
ケースに取り付けるボルト位置に融通が利いて便利なんです




クランクケースに取り付けた状態

中心のボルトを締め付けるとクランクシャフトが押され
3方3本のボルトはそれとは反対に持ち上がろうとします
結果、クランクケースを引き抜くことができます

クランクのシャフトやケースを歪ませないように
真っ直ぐに引き抜く必要がありますから
何度も確認して取り付けるので時間が掛かります





クランクケースが別れました

しかしノックピン(黄印)が焼けて固かったのか
セパレーターの3本足の振り分けが悪かったのか
インマニ側が先に開いていき
最後にノックピン側が取れてしまいました
「平行・真っ直ぐ」が出来なかったことになります





クランクケース合わせ面のノックピンは2本
見事にサビサビ





Lクランクケースに残ったクランクシャフトを押し出します

こっちはケース側にボルト穴が多いので
引き出しボルトがバランスよく配置できます





なんとか腰下が割れました

次に腰下を割るときはボルトの配置バランスが良い
Lクランクケースから先に割り始めてみます

モトコ:駆動系の取り外し


クランクケースカバー(赤印)裏面

キックスターターのギヤが収められていて
これらを外すにはスプロケットホルダー(黄印)を取ります







スプロケットホルダーのボルト3本を外します
ホルダーは固定されていて空転しませんから普通の工具でOKです









キックギヤ、ファイナルギヤ、チェーンガイド、
パッと取れるのは適当に外しました





この状態でドリブンスプロケットは取れますが
チェーンがブラさがって邪魔そうなのでそのままです

特殊工具でドライブプレートを固定して
フランジナット(赤印)を外します





ユニバーサルホルダーのツメ(黄印)を
ドライブプレートの穴(赤印)に掛けて固定





フランジナットが取れても
ドライブプレートはクランクシャフトに圧入されていて抜けません





ドライブプレートに適合するプーラーがありませんので
プーラーセットと長ボルトを組み合わせます

ドライブプレートの小さくなっている穴側(赤印)に
長ボルト(黄印)を引っ掛けて引き抜きます





これでもちゃんと外れました





フライホイールと同様 ここにもウドラフキーがあります
紛失しないように保管しておきます







クラッチアウターとドリブンスプロケットを抜きます





チェーンガイドの固定ボルトを外します




長いのが上側で短いのが中央側




チェーン、チェーンガイドを外します

チェーンガイドやキックスターター周辺は
取り外す前に写真をいっぱい撮っておいたほうが良さそうな感じ

モトコ:クランクケースカバー取り外し


キック、ファイナル、クラッチ廻りのギヤを抜き取るために
Lクランクケースカバーを取り外します




結構な時間寝かせてましたが
まだオイルが残っているようでチョロっと出てきます
完全に抜くのは難しいのである程度はオイルで汚れるのを覚悟します





クランクケースカバーを留めてるボルトは16本





全部同じ長さなので管理は楽です





クランクケースとクランクケースカバーは
オイルが漏れないようにガスケットが挟まっています
これがまたガッツリ張り付いていて
ゴムハンマーで叩いたくらいじゃビクともしません





”合わせ面にタガネはご法度”なんて綺麗ゴトは言ってられない

ガスケットに向けて精密ドライバーを打ち込んで
出来た隙間が閉じてしまわないように
更に小さいドライバーをクサビとして使います





本来の職務を与えられない可哀想なドライバー達

雑作業ですが万が一のヒビ・欠けのオイル漏れを考えて
打ち込むのはオイルが届かない上側だけにしておきます





エンジン裏返し

上から隙間を作ってきましたから
それを足がかりにドライバーでコジります





順々に前に向かって開けていきます





一周してガスケットが全部剥がれた状態





クランクケースカバーを引きます





ガチャンってのはキックギヤが外れた音





残りのオイルを落とすのに中身を下に向けて暫く休憩

モトコ:インマニとオイルポンプ取り外し


腰下まで割りたいので
左右のクランクケースと繋がっているインマニと
クランクシャフトに絡むオイルポンプを外します




オイルポンプ取り外し


オイルポンプを固定しているバンドのネジを緩めて
バンドが緩んだらオイルポンプを左右に振って抜き取ります





オイルポンプ本体は取れました





普通はオイルポンプと共に抜けてくるシャフト

酷いサビでクランクシャフトと固着してない限り
真っ直ぐ引っ張れば抜けるはずです





不必要な作業もなくシャフトも抜けてくれました





オイルポンプのニップルが曲がっていました
フライホイールが溶接されてたり
腰上が焼きついてたり
このエンジンを使うときはよっぽど吟味しないと危ない予感





インテークマニホールド取り外し

インマニは8mm頭のボルト4本で固定
内1本はアース線が共締めされています





モトコンポはインマニ廻りにガスケットの設定がないので
ボルトを抜くと張り付きがなく簡単に外れると思います





リードバルブブロックも張り付いていません





スッキリして吸気側から向こうが見えます

モトコ:ジェネレーター廻り取り外し


ジェネレーターを外すには
蓋のように邪魔をしているボスを先に外します





ボスは圧入されていてちょっと引っ張ったくらいじゃ抜けません

抜き物定番の汎用プーラーを使いたいところですが、





爪を掛ける隙間が狭いです
無理をするとコイルの損傷も考えられます




仕方なく重たくて苦手なプーラーセットを出しました
(指が不自由だから苦手ってだけで良い品ですよ)





画像のように組み合わせてボスを引き抜きます





パコっ っと軽い音がして取れました





クランクシャフトにはウドラフキーが付いています
(ウッドラフキーとどちらが正解?)





取りたいときに取れなくて
付いてて欲しいときには落ちていくウドラフキーさん

小さいけどとても重要な部品で
これが無いとフライホイールが空転してエンジンが掛かりません





ステーターベース(ジェネレーター)取り外し
ボルト2本を外します





横のグロメットを抜きます





見てくれ通りで固着しているのか外れません
黄印の辺りを軽くこづきます





クランクケースから離れました





ハーネスを引いて
穴から一本づつギボシを抜きます





ジェネレーター取り外し完了です

モトコ:フライホイール取り外し

エンジン右側面

ジェネレーターカバーを外します
8mm頭のボルトで上下2本留め





カバー下側のボルトは裏にナットがあります
クランクケースにネジ山が切られていないから
カバーを外した後にナットが脱落→紛失 のコンボが発生し易く
このエンジンも10mmボルトに交換されていました

カバーが外れたらフライホイールを取ります





フランジナット(黄印)→フライホイールの順に外します

ナットを回すとフライホイールも供回りしますから
専用工具を使って外す必要があります





ユニバーサルホルダー(とメガネレンチ)
スクーターの駆動系メンテに必須の工具です





ホルダーでフライホイールを固定します
駆動系でちょこちょこ出番があるホルダーですが
固定ピン(細い太い)の使い分けが解っていません





固着もなくスンナリ外れてくれました





フライホイールが外れないときは軽く叩いてみます
でもね、手応えが変なんですよ
あれ?なにコレ?(黄印)





フライホイール穴とベース突起が溶接されてる!
普通は溶接なんかされてません
だって整備できないじゃあないですか

よく見るとクランクシャフト端も削った跡があるし....
なにがあったんだかこのエンジン





使う使わない、使える使えないは別として
いい経験と割り切って押し進みます
溶接部をサンダーで削り落とし





ある程度削るとゴトっと外れました





マグネットの磁力が強くても知れてますから
ナットが外れたら普通はフライホイールがすぐ抜けます

モトコ:ミッションオイル抜き取り

ミッションオイル = エンジンオイル
車で使われているのと同じで良いです


モトコンポでは黒いクランクケース内にオイルが入っていて
4ストエンジンのようにクランク側にはエンジンオイルはありません

エンジンを分解するのにオイルまみれになるのはイヤですから
先にミッションオイルを抜いてしまいます





・全容量0.6リットル
クランクケースカバーを開けて
ミッションオイルが全部抜けたとき次に入れる量

・オイル交換時0.5リットル
ドレンボルトからオイルを抜いて補充するときの量




100均バット
オイル受けに使います
薄くてペラペラ




バット保護、廃オイル付着防止にゲタを作ってみました





オイルチェックボルト→ドレンボルトの順に外します

ドレンボルトだけ抜いてもオイルは出てきますが
上から空気を入れて少しでもオイルの抜けを補助します





ドレンボルト穴からオイルが出てきます

エンジンを立てたり寝かせたり
オイルチェックボルト穴も使ってオイルを抜きます




両ボルトにシーリングワッシャーがあります
これがないとオイル滲みの原因になりますから
オイルの中に落として紛失しないようにしてください
(本当は外したら交換するのが望ましいです)

年が明けても付きまとう影

チョー暖冬

正月なのに雨!
2月だってのに国道に雪が無い!
今年は数えるほどしか雪かきをしていません
これならモトコシーズン到来も早い?!
早くお乗りなさいってモトコの神様の啓示に違いない



今年はエンジン整備力の見直しを図るとともに
修理で煮詰まったときにAssy交換できるエンジンを組むとします





適当なストックモトコEgを引っ張り出して
サクサクっとバラしていきます

ギギギギ ザリザリ グイグイ

サクサクっと?
なんでこんなに抵抗するんでしょうかね
ボクにはさっぱり解りません




オマエも焼きついてるのかいっ!

悪夢だらけの2014

昨年・2014年10月頃の報告
振り返ると4ヶ月って早いもんですねぃ

RKさんへカレコ・QR引渡し
試走から帰ってくるとアイドリングが不安定とのこと
アクセルを煽っていないとエンジンが停まっちゃうそうな




心当たりがバッチリあります
始動性がイマイチだったから前日にキャブをほじくりかえしそのまま未チェック
グリグリし過ぎ?小手先整備じゃ直りそうもありません



もうすぐシーズンオフだし
ビックキャブも検討するってことで
結局不調のまま受け渡しとなりました
QRは問題なしとのことで一安心

しかし
真ん中のきっぺいモトコも再チェックすると伸びがよろしくなく
越冬してのお預かりとなりまして3勝2敗の惨憺たる結果です





こちらはRKさんと同じ日に来てくれたサンボさん
キックペダルの戻りが悪く最高速も落ちてきたとのこと





キックペダルを何回組みなおしても改善しません
どうもキックギヤがベルトと干渉するようです





キックギヤを組んで走ってバラして確認すると
マジックでマークしていた場所に擦った跡が見えました

このギヤが出っ張ってきてベルトを擦るようで
その抵抗でキックペダルの戻りが悪いと判明

ウチのカレコのギヤと交換すると
シャッキっとキックペダルが起きました
もとのギヤの何がおかしいのかは原因不明です





最高速が落ちた原因はベルトの磨耗で
そのベルト磨耗の原因はキックギヤとの干渉と判断

ベルト幅を測定すると12.5mmしかありません
(13mm以上が望ましいです)
ストックのベルトと交換しました





キックギヤ・ベルト交換してテスト走行

キックギヤの戻りはOK
最高速は上がったけれど もうひとつ物足りないそうな

セッティング次第で改善しそうな気配はあるものの
日も暮れ始めてタイムアウトとなりました

不満の残る内容ですがキックペダルは直せたから
これで3勝2敗1引き分けにしてくれません?


何台も何回も焼きついて
その上キッチリと結果を出せなかった2014年
今年は初心に帰って謙虚に行こうと思います

プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。