モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:楽しみ独り占め Eg交換

オイルシールの抜け掛けは
押し込んで誤魔化しが効いても
出所不明のオイル漏れが特定できてません

多少、ズルくても他に道があるのなら
迷わず簡単な手段を選びます


そう言ったワケで、
使用を一度断念したカレンEgが再登場
コイツに現カレコのEgパーツを移植します





ファイナル3軸は程度が変わらないから
バラしてたのを組み直し

ガスケットを切り出して
黄印にワッシャーを付けてセットします





ミッションオイルは車のエンジンオイル
黄印から適量を注入





ブレーキ廻り移植





スタンドとキックギヤもキレイなほうから移植





駆動系(黄印)移植して
キャブとオイルポンプ(赤印)も移します





クランクケースカバーも塗装してあるほうを使って





腰上も移植します

最近、焼き付いたりして腰上整備が多かったから
ピストンピンクリップの手持ちはコレが最後
ヘッドガスケットは在庫切れで使い回し

だもんで失敗するとかなり厳しい




腰上を組んだらジェネレーターカバー取り付け
フライホイールは付いてたやつそのままにして
カバーとジェネレーターを移植





まだ未加工だったRショック取り付け部
フレーム載せる直前で気が付いた

黄印をRショックに合わせて幅詰めします





フレームを載っけて各部接続





タイヤは敢えて未交換
キチンと走れると確信したら新品と入れ替えます
(半分は自分のデータ取りによるワガママ)





混合ガソリンだから
オイルポンプのエア抜きも気にせずエンジン始動

ヨシヨシ、普通に掛かって異音もしてません





油断しないで電装系のチェック
ウインカー、ブレーキ等、DC系はOK





ヘッドライトも当然OK、 じゃない?
あれ、点灯しない





ライトスイッチをカチカチやっても無反応
タマ切れかしら





いや、テールランプも点いてない!
前後同時に切れた可能性もあるけど
AC系が全滅してる?





もう疲れたよママン


電装系はね、車体側は実績あるから
原因は今回載せ換えたエンジン

オイル漏れが再発するなら
なにもしてない車体側ってことで。

よし、とりあえず経過観察
スポンサーサイト

カレコ:広がる悪夢 もうひとつの不具合


QR50も組みあがって計3日放置後
一遍の漏れも確認できていません

直った?
んなワケないよね





潔く再度エンジンを降ろすべくケーブル類脱着





「漏れ」か「こぼれ」か判断を誤らないように
オイルホースは特別扱いで慎重に取り外し
(ゴルフティーで栓してます)





車体側オイルタンクに漏れが無いのを確認
圧が掛かってない漏れならホースかと思ったのに。

残念ながらエンジン側に原因があるみたい





ジェネレーター廻りに新しい発見はナシ





マウント部周辺
載せてからの走行距離を考えるとオイル付着が多い
今回も中央ガスケットにオイル滲み、、、?





腰上と腰下のチェック
開けたらオイルがドバーっ 

とは、ならず





中身もオイル溜まりは見当たらない





右側ってのは囮で左側に親玉が隠れてるんだろ!
クランクケースカバーを取ってみます





カバー裏面先端にプーリーのグリスが付着してます
なんか粘度が低くない?

ドライブフェイスのナット(黄印)を外して
もっと奥まで確認します





クランクシャフトのオイルシール(黄印)
よーっく見ると、




あっく、うぐく、滲み発見





手触り、見た目からオイルだけじゃない

腰下の圧縮漏れとなると
右側に見えたオイル漏れとは別件ってことですよ





じゃあコッチはオイルシール交換?

ごめんなさい、ムリっす
スターターギヤ(黄印)が固くて抜けません



原因究明どころか挫折する勇気が増しただけでした

カレコ:悪夢再び オイル漏れ


QR50をバラし終えた頃に部品が到着

ちゃっちゃっとタイヤ交換を済ませて
カレコに区切りを付けようかと、





近づくと、なにか、シミが、、、





また2ストオイルが!!

テスト走行から3日して垂れてきたってぇことは
じわ~っと漏れてるってこと?





シミの位置的にエンジン右側が発生源っぽい
オイルポンプ周辺に”らしい”垂れはナシ





クランクケース下部中央もシミてるけど
1次圧縮抜けが原因ならもっと派手に飛び散るよね





ジェネレーターカバー合わせ面から滲んでる?
カバーを取るもよく解らない





こうなったらフライホイールも取っちゃうよ

ナット(黄印)を電動ドライバーで取り外し





フライホイールプーラーでフライホイール外し

モンキー用か忘れましたがピッチが合わなくって
掛かりが浅いから余り使いたくないツール





フライホイールが無くなったらオイルが見えました
この周辺にオイルが入ることは本来ありません





黄印のオイル付着位置を確認

上から垂れてカバーの隙間から入り込んだ?
それにしてはボルトまで垂れたオイル跡が見当たらない

腰下から噴き出た?
かと言ってオイルシール(赤印)から噴いた形跡もなし





とりあえずオイルを拭き取って放置
再発してくれと願いながらQRを組んでました。


~48時間後~



わお、漏れてなーい♪


って、それじゃ困るんだってば!

QR50:エンジン着手→早々切り上げ


車体側のお手入れが終わったらエンジン整備

キャブ詰まりも解消して他は問題の無いエンジン
好奇心だけでちょっとバラさせてもらいます





・Rホイールナット
メガネレンチを掛けてゴムハンマーで緩めます
ホイールもカレンと同型で色違いってだけみたい





・キャブレター
普通に取り外し





・スタンド
固定は黄印のボルトとナット
モトコンポと取り付け幅は同じ





・Rショック
Rショックステーはスタンドと兼用
これをモトコに生かすのは難しいね





パーツクリーナーでザっと泥落とし





・シリンダーヘッド
モトコンポと色違いなだけの同型?
燃焼室容量未計測





シリンダーボルトがめちゃくちゃ固く締まってました





・シリンダー
傷も無くキレイ
ピストンも見た目は普通





・ジェネレーターカバー
ボルト二箇所留め
上部(黄印)はマフラー固定ボルトと兼用で取り外し済み
下部(赤印)は裏にナットが埋まっていて
ボルトを抜いた後は紛失に注意





・フライホイール
黄印がフライホイール
専用工具か電動工具でナット(赤印)を外します





取り付けるとき正位置に戻せるように
凸にマークしておきます(1つで十分)





握力が弱いもんでマグネトーの磁力に勝てません
プーリーホルダーを使って引き抜き





キチンと掴めていればガコっと取れます





灯火・充電用のコイルはありません
話にも聞いてたし仕様上確信はあったけど
ようやくこの目で確認できました





・ガスケット交換
レースのレギュレーショを知らないから無難に純正を使用

ベースガスケットは1枚、
ヘッドガスケットは外したヤツの厚みが0.2mmだから
ライブDio用新品0.3mmに交換します





マフラーガスケットも新品交換





・ミッションオイル
黄印がオイル注入口
赤印がドレンボルト位置

オイルは四輪用のエンジンオイルです

オーバーホールならオイル容量0.75リットル
ドレンからのオイル交換なら0.6リットル





以降の組みは省略して、ハイ完成
とある理由で写真を撮ってる余裕がなくなりました

しょうがない、しょうがないんじゃ!
カレコに問題が発生してQRにかまけていられなくなったのよ







・QR50エンジンをモトコンポに載せるには

・キャブ位置が悪くてそのままだと載らない

インマニをモトコかカレン用に交換

・ジェネレーターコイルが足りない

モトコンポから移植(6Vカレンは不可)

・Rショック取り付け位置

LクランクケースのRショック位置にあるブッシュだと不安
ブッシュ交換が必要

他にもあるかも知れませんが
これだけでもちょっと手間が掛かりますね

QR50:組立フロントフォーク

ワイヤブラシとボンスターで磨いて
洗剤やパーツクリーナーでグリス落とし

キレイになったら組み立てます

スプリング(黄印)にグリスをたっぷり塗って
アウターチューブ(赤印)の中にセット





Cリングをインナーチューブにセットして





ゆっくり押し込みます





ダストシールやEリングの溝に入らないように
Cリングはなるべく起こしておいて
下に届いたら精密ドライバーで寝かせてセットしました





グリスまみれの中、Cリングが嵌っているか確認します





カラーと短いスプリングをセットしてグリス塗布





その上にEリングをセット

このときアウター内のスプリングが
インナーチューブを押し上げてEリングを付けるのが厳しいです

内臓脂肪が少ないから腹でインナーを押し込めません




荷締ベルトを使ってインナーを押さえ込みます





縮めたら隙間からカラーをアウターに入れて
サークリッププライヤーでEリングをセット





ダストシールを取り付けたら完成ー





左フロントフォークも同様の手順

コーン(黄印)は片方にしか入ってないのね





清掃したら組み立て





ボトムさせても音が無くスムージー





サビを隠してズルく撮ってみる

QR50:分解フロントフォーク

キコキコと音がするフロントフォークの分解

QR50のFフォークにオイルは入ってません
基本構造はモトコと同じだから分解整備は比較的簡単

最初にダストシール(黄印)を取ります





ダストシールをインナーチューブから抜いて
赤印から覗き込んでEリングを外します





サークリッププライヤーを使いました
Eリングをインナーチューブから抜き取り





インナーチューブを少し引き抜くと
カラーと短いスプリングが出て来ますからこれも抜きます





この状態ではインナーチューブはまだ抜けません

パーツクリーナーで中のグリスを流し落とすと
Cリングが見えたからそれを抜き取ります





Cリングをフックレンチで引っ張りだしました

いや、もう、グリスで見えないからこれは悩みましたわ





アウターチューブからグリスでデロデロのスプリングが出現
パーツクリーナーの汁と合わさって汚さ倍増





アウターチューブ内の溝はこんな感じかと思います
インナーチューブの段差と相まってCリング溝がちょっと難関

QR50:分解・清掃01

車体側の作業は時間を取られないように
再塗装とか手間は掛けないで
清掃+グリスアップ程度に留めます

フレーム
泥落とし

QR50のCDI(黄印)ってカレコに使うとどうなんだろ?
カレコとQRをRKさんに引き渡した後、試してみて欲しいな





ステム付近の固くなったグリスも除去





サブフレーム
塗装面が生きてるトコだけコンパウンド掛け





ハンドル
コンパウンド掛けてもそれほど復活せず
手磨きだから諦めが早い





ステム
モトコより長いなぁ





フロントホイール
それこそカレンと同じみたい





ブレーキパネル
分解してグリスアップ





メーターギアどころかウォームギアもなし
当然と言えば当然ね





ブレーキアームをワイヤブラシとボンスターで仕上げ





ワイヤー類
アクセル、ブレーキ、チョーク、
ケーブルはワイヤーインジェクターで注油

パーツクリーナーで洗浄

高粘度潤滑クリーナーで仕上げ





アクセルケーブルの分岐もグリスアップ



んー、地味な作業報告

QR50:分解02


・フロントホイール
ここまで来たらフロント廻りもバラさなきゃ勿体無い

コロコロと転がっちゃうフロントホイールを外します
アクスルシャフトとナットを取り外し






・ハンドル+トップブリッジ
ステムナットを外したいのに





ハンドルに当たってナットが抜けない





仕方ないからフォークのボルトを緩めて





コッチも当たるけど
ハンドルを持ち上げて隙間を作ってはステムナットを緩める





チマチマやってなんとかハンドル撤去

なんて面倒臭い設計だ って思ってたら
バラした後にトップブリッジ裏のハンドル留めナットを発見(泣





ステム
ここらのQR50での名称は怪しいです
このナットを取って(手で緩む)





コーンレースも取ってステムを抜きます





スチールボール(黄印)は枠付きASSY型
バラけて落ちる心配がありませんね





サブフレーム?





フロントフォーク廻り





フロントフェンダー
フェンダー裏に固定ボルト
前側の1本はゼッケンプレート固定用





フロントフォーク
ステムのボルト(黄印)を外して
フォークをゴムハンマーで下に打ち出す





ブレーキパネルストッパーのあるほうが左フォーク





これで車体側の大まかな分解は終了

余計な作業をしちゃってるから
お楽しみのエンジン確認はもうちょっと後になりそう









QR50:分解01


スタンドが付いて自立しているうちに
トップブリッジのナットやボルトを緩めておきます





ステムナット
ハンドルが邪魔してソケットもメガネも入らない





モンキーはキライだけど
最大開口だからむしろガタなし





フォークのボルト:左
メガネでOK





フォークのボルト:右
ハンドルが当たってメガネはNG
ブレーキレバーと合わせて判断すると
右側にコケてダメージを喰らったのか

レース用だからこれっくらいは当たり前ね





メインハーネス+エンジンハーネス
車体中央

これも色違い結線多し
メモしてから外しましょ





エンジンマウントボルト
メガネレンチでナットを外して





ボルトを引き抜く

もしくはナット側からTレンチの柄等で押し出す





オイルホース
オイルポンプからホースを取り外す(黄印)

フレーム内蔵オイルタンクの出口は赤印だったのね





前回、オイルホースの接続が変だと思ってたら
下からオイルが上がってきて
残量確認用のメーター代わりになるのかな





Rショック
面倒な下側は避けて上部から取り外し





サブフレームと喧嘩しそうなマフラー取り外し





いざ、降ろそうとしたら
オイルポンプ→キャブに繋がっているホースが邪魔でした
それを取り外してやっとフレーム取り外し完了

QR50:義務を果たして


公道を走れない、マフラーも騒がしいってなると
そこら辺でテスト走行するのはチト厳しいです

駅裏の駐車場とかでコソコソするのも面倒だから
山の店に草っぱを捨てに行くついでにQRも積んできます





さぁ、ココなら誰にも文句は言われません
直線は足りないけどダッシュや八の字程度は出来ますよ





ラフにアクセル開けてもひっくり返るほどではなく、
けれど車重の軽さからか元気はある感じ

これに子供が乗ったらちょうどいいのかな





帰り側に使わなくなった看板を分解
「ジャンプ台になりそうだ、、、、」と思ったけど
QRフレームより自分の脆弱なヒザが持ちません





満足感たっぷりで帰ってきました
さて、
それでは、

直ったからバラします





エンジンだけ降ろすなんて言わずに
せっかくなんで全部バラしちゃいましょ

シートとタンクを降ろしたら
わちゃわちゃと目に付くケーブル類を取り外します





チョークケーブルとアクセルワイヤ取り外し
エアクリボックスも前作業で解ってるから外します





FRブレーキケーブル取り外し
モトコンポとかと変わらないです





Fブレーキ
1:ナットを緩める
2:ブレーキアームからタイコを外す
3:ケーブルを引き抜いて切欠きからインナーケーブルを外す





Rブレーキ
ナットを抜き取る





Rブレーキレバー側
パーキングロック(黄印)が邪魔だから
ネジ(赤印)を抜いてレバーを取ったほうが楽
(裏にナットあり)





Fブレーキレバー側
こっちもついでにレバー外し(裏にナットあり)
スロットルのナット(赤印)も
ハンドル固定されているうちに緩めます





スロットルホルダー分解
ネジ2本留め
赤印はアクセル開度調整用ボルト





レバーからブレーキケーブルが抜けない

転倒時に切り欠きが潰れたのね
マイナスドライバーで少し広げて修正





ブレーキランプが無いのにブレーキスイッチ?
ブレーキとキルスイッチの配線(ステム左側)

エンジン始動時の安全装置
ブレーキレバーを握らないと始動できません

ハーネスが色違い結線だから要注意





チョークケーブル取り外し
ブレーキケーブルが外せたら
ゼッケンプレート?のツメ(黄印)を外して浮かせます

スペースが出来ると六角ナット(赤印)が外しやすい





オイルポンプケーブル取り外し





金バンドを外して各ケーブルを抜く





ケーブルが無くなってスッキリ

点火系しかないハーネスは作業量が減っていいね

QR50:細かい不具合修正


ツッコまれないように公道に出るのは避けて
お隣の空き地から裏の畑まで抜けてみることにしました

ところがケツをシートに落として
アクセルを開けるとストンっとエンジンストール

まだなんかダメですか そうですか
ついでに後回しにしてた作業と一緒に片付けますか





・チョークレバーが強制OFFになる
チョークを引いてもすぐに戻されます
レース用だから付きっきりで暖気してから走れってんじゃないよね





横からみるとガムテープの補修跡
割れ・欠けして応急修理でもした?





下側の六角プラナットを締めたら直りました
締め込み量が随分とあったからスペーサーでも消えてたりするかも

それか締めてもスグに緩むから前所有者もテープで済ませたとか





・プラグチェック
プラグは普通のBPR4HS
このまんまでOK





・アイドリング調整
ちょっとアクセル開けたときの画像
アイドリングでタイヤが回り過ぎるから
もうちょっと回転数を落とします





一般車みたく隙間からちょちょいとってワケにはいかないのね
シートカウルを外しますか





キャブの+ネジがアイドルスクリュー
エンジンを掛けながらゆっくりと緩めて回転数をさげます

エアスクリューは今回はこのまま





・エンジンストールの原因
アクセルを開けて停まりそうになっても
チョークレバーを引いたら全開できるし走れます

そうすると燃料が薄いってこと?

MJがくたびれてて終わってる可能性もありますが
#82から#85に番手を変更してみます





関連がありそうなのは二次エア吸引
エアクリとキャブを繋ぐダクトに補修跡があります





気休めにバスコークを上乗せ追加

MJを交換したキャブを取り付けます




全開してもオッケー!
ケツを預けても走れてます

裏の畑をちょっと走って
段差を乗り越えてみたりしたけど
そんな少しじゃ大丈夫なのか解らない

やっぱり車に積んでどっかで試して来ますかね

QR50:まず走らせる (キャブメンテ)

バラしてみたい って自分の欲望は後回し
一度、実働させて責務を果たしアリバイ作りをしておきます

症状は、エンジンは掛かる+アクセル開けるとストール
深読みしなけりゃ典型的なキャブ(黄印)詰まりでしょうから
取ってバラして掃除すりゃ一丁アガリ?





キャブは中央に隠れているからカバーを取ってアクセスするのかな

くるり っと見るとRフェンダー裏に固定ボルトを発見
10mmx2本





前側はフレームステーにシート裏の爪を挿し込んで固定されてました





エアクリーナーボックス取り外し

Rブレーキケーブル(黄印)を外して
固定ボルト(10mm)も外す、けど何か引っ掛かってる





無理はしないでフューエルタンクを外してみましょ

フューエルコック(赤印)をOFFにして
黄印のボルト(12mm)と
キャブへ繋がっているフューエルホースを外す





オイルタンク→オイルポンプのホース接続が珍しい
こんな上に繋がってるのね
(キャブメンテには関係ナシ)





あったあった
エアクリボックス右側のポッチが邪魔してましたよ





エアクリボックスの中にはキレイなエレメントが!
もっとグサグサのボロボロを期待してたのに。

エレメントはオイルに浸して絞ったら蓋をします





キャブレター取り外し

・フューエルホース
・オイルホース
・チョークケーブル
・スロットルワイヤー
計4本を外します

キャブの大気開放のホースはそのままでOK





チョークケーブルとスロットルワイヤー先端は
汚れと破損防止にウエスとか巻いて保護





ワイヤー類が無くなったらキャブ取り外し





エアスクリューとアイドルスクリューをチェック
閉めこんで戻しを数えておきます





それほど悲壮感の無いキャブの中身

スロージェットが案の定詰まっていて
ジェットリーマーでホジるといい感じで抜けました





コレってなんですか?

QR50キャブって以前に人のをバラしたはずなのに
こんなスローに繋がる穴に球なんて嵌ってたっけか

しっかり入ってて「仕様」感があるから取り合えずこのまま組みます





時間が無かったからフロートチャンバーはざっくり掃除





キャブ組み立て

初期状態を参考に
アイドルスクリュー(黄印)は5回転
エアスクリューは(赤印)1回転と1/4に設定





キャブ取り付け
外しの逆順





それではっ
フューエルコックONっ
キルスイッチをRUN側にしてキック!

パパパパンっ!





アクセルを開けていくと、
パパパィーン

うるっさ!
QRマフラーってこんなに煩かったっけ?





まぁまぁ、音はともかく当初の目的は果たせたんだから
いっちょテスト走行といきますか

テスト、、、走行、、、
テスト、、、走、、行、、?

はぁっ!QRって公道走れないんじゃん!

初めてのQR50


QR50ゲットだぜ!

自分じゃなくってRKさんが、ですけど。
息子さん用にと知人から譲り受けたけれど
エンジン掛かった後、ストールしちゃって走れないそうな

RKさんがカレコのタイヤ交換を希望されたから
注文してそれらの部品が届くまでQR作業を進めていきます



今までQRキャブはDJ1で代用してたし
QRマフラーは12Vカレコだから諦めてたんで
あんまりQRパーツは手にすることが無く
車体なんていったらそれこそ触るのは初めてなワケですよ

そこで修理する替わりに
資料用として必要以上にバラさせてってお願いしました。
快諾してくれたRKさんに感謝





とりあえず外見の記録から


・左側面





・右側面





・後方





・フロントホイール
カレンとほぼ同じ
モトコンポと違ってブレーキパネルが左配置





・ブレーキパネル
カレンとほぼ同じ
レース用だからメーターケーブルがありません

メーターギヤも無いでしょうから
フロントホイールをモトコンポに移植するなら
サイクルメーター等の代用が必要





・リヤホイール
カレンと同型
エンジンから伸びてるスイングアームみたいなのは
ただの飾りなのかどこも補助していません

転倒したときのガード?





・エンジン左側面
モトコンポとほぼ同サイズ
カクカクしたデザインはむしろ最近のものみたい




・キックペダル
キックギヤの構造がモトコンポと違うのか後ろ向き





・エンジン右側面
エアクリーナーはシリンダーの真上
シリンダーヘッドが黒いのは純正色なのかな
Rショックはエンジン中央配置で
ジェネレーターカバーはモトコンポと同じ





・マフラー
モトコンポチューン定番のQRマフラー
こうやって見るとなにやらメカニカルな雰囲気

あ、ボルト抜け発見(黄印)





・フロント廻り
レース用だからヘッドライトもウインカーもありません





・ハンドル:右
保安部品が無いからキルスイッチのみ。
キーシリンダーもハンドルロックも当然ナシ





・ハンドル:左
リヤ用ブレーキのレバーだけ。
至ってシンプルね





・ハンドル:中央付近
オイルタンクはフレーム内臓かな
オイルキャップは残念ながらモトコンポにはユルユルでした





・シート
ここだけ見るとモトコンポより乗り心地が良さそう





・カレコとの比較
最初にみたときは小っさっと思ったけど
実際に並べてみるとそうでも無かった
シートが低くて車体が細いから小さく見えるのかな






次は各部点検を行ってエンジン不調の原因を診てみます

カレコ:ゴールが見えた?退院間近


エンジンの次は車体側のオイル漏れ対策

1次圧縮抜けやオイルタンク破損なんて大袈裟な可能性は捨てて
オイルホースの傷かなんかを疑って交換してみます
(放置してて漏れてこないってのも納得できないんだけど)





オイルホースを交換したらフレームと合体





適当なシャフトに針金を巻きつけてスプリングもどきを作成





スプリングを折れ・潰れ予防としてからオイルホースを接続





他のホース・ワイヤー類も接続してエンジン始動





白煙が写せてないけど普通?の濃い目混合排気





問題と思っていたオイルポンプ
始動前、ニップル出口にオイルは見えてない状態





始動後、オイルが出てきました
このあと前回より進みましたが途中で進行がストップ
やっぱり空気が邪魔をしてると判断して
混合仕様だから気にせずにテスト走行して仕上げるとしましょ





アイドリングでオイルポンプ全開固定
10分経過でオイル漏れ見当たらず

では、テスト走行に行ってきます





近所をくるくるっと徘徊

とりあえず45までに留めて走ってみたけど
問題ない?むしろ良いくらいじゃないかな かな





停車中に車体中央から白煙が出てきますが
Egに掛かって拭い切れてない2ストオイルが
蒸発してるだけだから無視してOK
(煙って撮りづらいのね)





帰ってきてオイルホースを確認すると
キャブまでオイルが届いてました

このままだと濃い目混合+オイルポンプになっちゃうから
オイルポンプケーブルを押し込んで開度を押さえておきます

混合ガソリンを使い切ったら開度を最大にしなさいよ>自分



~24H経過~


ふぅ~
オイル染みなし!





ちょっと見づらい けれど、
オイル溜まりも無い、ね!





オイルが濃いせいかキック5~6発で始動
白煙も写せるくらいの排気

せっかく濃いんだから思いっきりエンジン回してみようか





途中で写真を撮ることなく帰ってきました

濃い目仕様のせいか出足はちょっと鈍いかな

それでも45までは普通に伸びて
全開で引っ張ると50まで到達したから
2.50-8タイヤでノーマル駆動系ってことを考えたら上出来でしょう


仕上げは混合から分離給油に切り替えて
全開走行で支障がないかチェックして完了です



カレコ:無駄手間?安心できるならOKです


さぁ、ヘコたれずにガンバリますよ

最初の始動で発生した異音が気になります
傷でも付いてないか心配だから腰上を確認してみましょ





セーフ!

異音は気のせい?
スグにエンジン切ったのが良かった?

ピストンピンクリップも嵌っているし
ピストンリングとノックピンの位置もOK
シリンダーもピストンもなんともナシ

一歩前進




オイルポンプ周辺にオイル(圧縮)漏れの痕跡はナシ
もう一歩前進




ところがクランクケース側にオイル溜まり発見

ガスケット抜けの1次圧縮漏れ?、、、、、
いやいや!
オイルポンプ故障疑惑と同じでそれならもっと始動困難なはず
深く考えすぎだってね




きっとここら辺からオイル漏れしてるんでしょう

ん~、、、、、濡れてない
それに一晩放置して床にシミも出来てない


ヨシ!解らないことは後回し、戦略的後退




オイルポンプそのものはどうなのよ?

電動ドリルでオイルポンプを駆動させてみましょう
クランクとオイルポンプのギヤの減速比は知らないけど
生きてるならとにかく回せば幾らかオイルが出てくるはずです





オイルタンクのホース(黄印)を接続してドリルを回転させると
正常なら赤印側のホースにオイルが送られます





ギュイーン!
電動ドリルの回転数表記は1200rpm
遅いかなっと思いつつも直回しだとムニムニとオイルが出てきました!

どうやらオイルポンプは正常みたい
キャブと繋がるホースにエアが溜まってただけで
いつも通り混合にしたあと走って回転数あげればキチンと抜けた?

とりあえず一歩前進



腰下にオイル池は見当たらず
中から外へオイル抜けした可能性もなしってことでもう一歩前へ。





キックしてクランクシャフトを回して
オイルポンプへのギヤが欠けてないか目視確認

これも問題無し





スッキリしたトコで腰上の組み付け





疑いの晴れたオイルポンプも
Oリングとギヤに2ストオイルを塗布して組み付け





黄印の隙間が無くなるまでオイルポンプを挿し込んで
入りが悪いときはキックしてクランクシャフトを回してギヤを合わせます
最後に赤印のステーで固定

腰上OK
オイルポンプOK
謎のオイル溜りがNG

結局、手直しは無いけれど心配事は減りました

カレコ:気持ち落ち込むマイナス異音


オイルポンプのエア抜き
カレンEgにはエア抜き用のブリーダーボルトが見当たりません

そんなワケでまずはフューエルタンクに2ストオイルをちょっと混ぜて
オイルポンプをドライバーなどで全開に固定します

※今回はすでに混合仕様なので2ストオイル補充は省略


オイルポンプ全開状態(黄印)
これでアイドリングのまま放置して
キャブにオイルが送られるのを見届けます




トトトトッ 
排気に混じった2ストオイルの匂いを満喫しながらのんびり休憩




トトトトッ 
キン  キン
ん? なんか聞こえてきた?




トトトトッ
キン   キン   キン   キン
ハイっ!キーオフ!エンジンストップ!
微かながらも明らかに聞き慣れない異音がしてます

最初は聞こえてなくて段々と現れる金属音って、、、
焼き付きの兆候?冷却されていない?




組み直した腰上は大丈夫、 はず、だ、
と薄っぺらい自信を持ってみます

冷却されないのは燃えるものが悪いと疑い、
キャブのガソリンをドレンから抜いて
フューエルタンク内のガソリンも廃棄
スカッシュ用に作っておいた混合ガソリンと交換しました


前所有者→ウチ→RKさんを経ると2年越えのガソリン?
でも、そこまで悪さをするのかって疑問も。



トトトトッ
エンジン再始動すると濃い目の白煙
焼き付きスカッシュ用GASだからアイドリングでもこの位でしょう




トトトトッ
異音は、、、してこない
目立つオイル漏れも見えない




トトトトッ
まだ聞こえない
、、、、10分経過するも大丈夫、クリアーっ!




新しいオイル染みは出来てないけどそんな勢いでは噴かないか

さてさてオイルはキャブに届きましたかね



はい、

全っ然 送られてませんでした

オイルポンプが壊れている、としたら
車体を入手した時点で焼き付いてなきゃおかしいから却下

おかしいのは自分?
老化が始まって夢作業でもしてるんじゃなかろか




一度、異音のした腰上
動いていないオイルポンプ

だけどね、オイラ 負けないよ





よいしょ!

もっかいエンジン降ろして再確認だっ

カレコ:出戻りカレコ


モトコ・ミーティングinフラノ2014二日目
昼食後にRKさんのカレコが始動しませんでした
キックしてもキックしても手応えなしで完全終了




セッティングなしで手渡した責任を感じたのと
地元ってこともあり自分は車を取ってきてRKさんとツーリングを断念
折角きてくれたのにゴメンナサイ




皆が楽しくツーリング中に不動の原因を調べてみるも
なにやら根が深そうだから預かることにしました




MTGが終了して後日、手を付けようとカレコに近づくと
床にシミが見えるじゃありませんか

ペロっ、 これは2ストオイル




腹周りまでオイルは垂れてるけど、なんか上からって感じ




チマチマやるより潔くエンジンを降ろします




オイル溜りが、、、、
ガソリンの混じってないオイルだけのようだからオイルタンクから?
しかしオイルタンクもホースジョイント部も漏れが見当たらない




胡散臭さを感じて腰上を分解すると「焼き付いて」ました
モトコツーリングの低速走行で?
後続から「忍者かよっ」って苦情がくるほど白煙だしてたのに?




ピストンとリングがガッツリ一体化
スカッシュといい、最近は焼き憑いててヘコみそう

なにか根本的にミスを繰り返してるんでしょうか
やらなきゃいけないことをやってなかったり
やっちゃいけないことをやってたり とか





嘆いていても始まらない
まずは目の前の問題から解決するべくピストン交換(中古)




次いでシリンダー(中古)を持ってきて
ヘッドガスケット、ベースガスケット(新品)と交換します




2ストオイルを塗布して腰上を組み付け開始




治療試験の注射のお陰で手指の痛みは随分と緩和されてますが
その反面、手の感覚が以前と違う可能性を考えて
シリンダーヘッドの締め付けは少し強めにしてみます

不良の原因が各所締め付け不足での2次エアによるなら
小さいトルクレンチを購入しなきゃいけないでしょうね




シャフト側にオイルが抜けてOリング(機印)から吹いたのかと思いましたが
あんなに溜まるとは思えないし腰下内部にはオイルは皆無
オイルホース接続部側は濡れてないしギヤも無事




オイルポンプ取り付け
インマニも一度外して確認したら保険に液体ガスケットを塗布します

キャブのスタッドボルトが緩むのでネジロックを塗布しました




基本的に腰上交換だけで終わったエンジンをフレームと合体させます




フレームを載せて




ホース類を接続して




ワイヤー類も接続していきます




念を入れてマフラーガスケットも新品交換




各部の再確認をしてキックすると2発ですんなり始動

この後はオイルポンプのエア抜きをして
テスト走行をしながらオイル漏れを見て
不具合が出ないかチェックします

困っているのは「これだ」って原因が判らなかったこと
エンジンの始動不良は焼き付きだったけど
なんで焼き付いたのか不明ってのが心配で不安のタネ

モトコ・ミーティングinフラノ2014終了


2014年8月2日、富良野の山部自然公園太陽の里で
北海道モトコ隊のツーリングが行われました。

天気も快晴で走っていてとても気持ち良かったですよ



2008年にモトコ4台(+PS250が1台)で始まった集まりも、




今年の1日目はモトコ・カレコが9台にスカッシュ1台




2日目はモトコ・カレコが12台!
念願の10台オーバーを果たしました

詳しくはKITAさんのブログで報告されています
KITACOMPO Maniax 改
北海道もとこんぽ隊 SUMMER MEETING 2014 Vol.1




いっつも10台超えを邪魔しているのは自分で、
今回もスカッシュで参戦して誠に申し訳ない次第でして、、、、

焼き付きの予兆が取れなくておっかないもんだから
今年はツーリング中に先行しての待ち伏せ撮影が出来ませんでした




焼き付き、焼き焼きと嘆いていたら
モトコ隊、コンロッド函館所属のダニーさんからタクトEgを貰ちゃった
しかも2台!



自分の馴染みがあるAB07Egとちょっと違うんで
画像検索してみると初期のタクトフルマークのようです
(Eg号機からは相変わらず調べられません)



凹んだピストン頭
JOYやロードフォックスで見たけどAB07系でも使われてたのね

これのメリットって何があるんだろう?



ファイナルギヤのシャフト径
スカッシュやAB07タクトより細くなってます

現スカッシュのファイナル移植をするには
リダクションカバー交換で対応出来るだろか



あらかたバラし終わり

ツーリングイベントも終了したから
スカッシュは暫く混合給油でガマンして
こっちのエンジンはのんびりキレイに仕上げるとしましょうかね

ダニーさんありがとうでした




プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。