モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:プーリーボス加工

8インチノーマルカレコなら48~52出るのが普通として
その目標値をなんとかクリアできたからちょっとだけチューニング


定番のプーリーボスショート加工
ボスを少し削ると、ベルトが少し外側に送られるようになります
ボスをしっかり掴めるように当て木に丸みを付ける(黄印)、
1_20130603192412.jpg


サンダーで荒削り
2_20130603192414.jpg


ベルトサンダーで仕上げの平面出し
3_20130603192912.jpg


33.5mmから32.5mmへ、1mmだけ切削
4_20130603192909.jpg


(黄印)が加工ボス、(赤印)が未加工、見ても解らない
削った面をランププレート側にして取り付け
5_20130603193143.jpg


結果はー、50までは楽に出せるものの
それ以上になるとメーター針が踊りだす始末
6_20130603193148.jpg


メーターは交換するとして、ハンドルハーネスカバーを取り付け
これにてカレコ化基本作業は完了とします。
7_20130603193613.jpg
スポンサーサイト

カレコ:マフラーちょい焼きちょい加工

更に給油して混合の残り香をカット
48までキレイに出る


そこからジェットニードルの調整
0_20130602223517.jpg
最上段で薄くしても変化なし
下から2段目、濃い目にするとガボつき
下から3段目は中速域で不意にガボっとなる、標準が良さそう


下りですら50に届かないのはおかしい
回転が上がらないのは吸気のリードバルブか、排気のマフラー?
手が届く、楽なほうのマフラーを焼いてみる
05_20130602224141.jpg


ハンドガストーチとエアブロー
1_20130602224250.jpg


テールエンドから炙って同時にエアーも送る
2_20130602224247.jpg


煙がだんだんと出てくるも絶対的にカロリー不足
30分しないで切り上げ
2a.jpg


気休め程度にテールエンド切断
03_20130602224518.jpg


排気抵抗が少しは減った?
04_20130602224523.jpg


やっと50まで届くようになりました
妥協できる範囲とはいえ、なにかトルクが一皮足りないような気がする

カレコ:Vベルト 中古to中古に交換

Vベルトの代替品に関しては疎いので手持ちのお古と交換

全周6箇所計測で平均値が一番太いベルトを選択
06_20130601013326.jpg


開け閉めが面倒なんで電動インパクトドライバーで脱着
レースするでもなしでクランクの歪みは気にしない
0530 029


マジックでマーキングしてから取り付け
0530 027

出発、ビィーーーーーーーーーン


パカっ、ノーマルプーリーとして最大値まで移動、これは成功
0530 020


気になる最高速は?、40→45へアップ、"普通のカレコ"としてはまだ遅い
もう一度エアクリの吸気系をイチからやり直して検証
ダクト、エレメント外しでテスト
0530 007


45→46へアップ、まだ吸入量が足りないのか
エアクリボックスに穴を追加して吸気改善(改悪?)、画像は加工前
0530 011


46→47へアップ、ん~手強い
ノーマルカレコならポンっと組んでも48~52に収まらないと。
0530 014


給油してもまだうっすら混合なのかオイルが多いのかも。
オイルポンプケーブルを調整して吐出量を少し絞ってみる
0530 039


出足のモッサリが薄らいで47→48へアップ
贔屓目で見た48で本調子とは言えない感じ

カレコ:上がらない最高速

プーリー清掃とウェイトローラー交換後のテスト走行

結果は変化ナシ!40止まり
エンジンが吹けきってるのに速度が乗らない
08_20130531021326.jpg


どうもベルトがプーリー外側まで移動してないんじゃなかろうか
カバー開けてみると、新しく出来たベルト跡が古いベルト跡に重なっていない
02_20130531021706.jpg


ハッキリと結果を確認するためマジックで線を引いて再走行
03_20130531021707.jpg


ブィーーーーーーーーーーーーーン


パカッ
やっぱり!古いベルト跡(黄印)より新しいベルト跡(赤印)のほうが内側になってる
04_20130531022143.jpg

考えられるのは、
プーリーの組み付けミス→WR交換前から同じ症状だった
クラッチの変速異常→低中速までOKで最高速手前で変速しない?それもないでしょ
考えたくないのは Vベルトの磨耗、、、、、


全然問題なしの13.5mm、大丈夫、でもココ以外は考えられない
05_20130531022141.jpg

脳裏によぎる清掃前のカバー裏
異様なほどのベルトカス、それだけベルトは減っているはず
01_20130531023121.jpg


ベルトを外して全周を飛び飛びで計測してみると約2/3が13mmちょい、
一番細いトコだと12.9mm! 犯人はお前かっ
07_20130531023321.jpg

カレコ:状況の分析・推理

モトコキャブ+ノーマルエアクリ、
この組み合わせはモトコ隊サンボさんカレコで勉強させてもらいました
サンボカレコは回転が上がらなかったのが、エアクリボックス加工の吸入量アップで解決
DSCF1695.jpg


その時と同じに今回のカレコのエアクリの吸入量を変化させると回転は上がりました
しかし最高速は40のまんまです
09_20130529191734.jpg


プラグの焼けから燃調はOKとして、エンジンも回りきってる感じです
そうなると腰上、腰下、吸排気、はOKと判断したら次いで怪しいのは駆動系?
0528b 006

どのみち、プーリーのウェイトローラーは交換するつもりだったから開ける手間は惜しくないです

プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。