モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:Rショック下側のカラー

原付用のコの字型Rショックに使うボルトに対して、受け側の穴が大きいです
1_20130528031403.jpg


外径10mm・内径8mmのパイプを切断してカラーを作成
(Rショックの製品によってはカラーが付属しています)
2_20130528031402.jpg


カラーをセット
3_20130528032723.jpg

4_20130528032724.jpg


ボルト締め付け、手元にボルトが無かったんで適当な六角ですが
ボルト頭に刻印がある強度区分が明確なボルトを足回りには使いましょう
5_20130528032841.jpg


Rショック上側も締め付け
6_20130528032843.jpg


7_20130528032839.jpg
スポンサーサイト

カレコ:シート取り付け

モトコンポの独特なシートはステー片側にボルト(8mm)2本、左右で4本留め
0525 056


ステーの後方は加重が掛かりやすいのか(黄印)あたりによく割れ・ヒビが見られます
0525 060

(黄印)フレームのステー受け
0525 062


シートストップスイッチの結線
(黄印)が黒/白線、(赤印)が緑線
0525 063


取り付け後、上下ともシートロックが効くか確認
0525 066a

カレコ:ブレーキ調整

ブレーキ調整は基本的にモトコンポと変わりありません
アジャスターナット(黄印)を締めてブレーキレバーでの確認作業です
0522 089
0522 090


ブレーキレバーの遊びは前後共に10~20mm(マニュアル値)
感覚的に解りづらいときはレバーを握って動き始めるブレーキアームを見て確認
黄△くらいからブレーキ効き始め、最後は実際に押してみる
201305260.jpg

Rブレーキも同様
0522 092


ブレーキが復活したから仮付けだったRホイールナットを締め込みます
Rブレーキをヒモで固定して
0522 094


メガネレンチで適度に締め込み
0522 096


Rホイールナットはカレン・モトコンポどちらでも使えます(ナット径違い)
0522 098

カレコ:Rショック-車高比較

エンジン側Rショックマウントの位置
モトコエンジンでは(赤)くらいだったのがカレンエンジンでは(黄)の後方にズレています
マウントがズレるってことはRショックの角度が変わって車高に影響が出ます
Rs20130513011.jpg

少ない手持ちのRショック
左からモトコンポ用180mm、ジョグ用220mm、デイトナ235mm、カレン用は使わないから未計測
実際に装着して比較検討してみます
rs20130512020.jpg

・モトコンポ用180mm
スタンドを降ろすと尻下がり、タイヤとフェンダーのクリアランス皆無
Rs20130513015.jpg

・ジョグ用220mm
適度な車高、スタンド立ててギリギリでフロント寄り加重
Rs20130513038.jpg

・デイトナ235mm
スタンド立てると後ろ加重でシーソー状態、その代わりクリアランス大目
ぽっちゃりさん向け
Rs20130513041.jpg

モトコ用は論外でジョグ用が本命、次いでデイトナといった感じ
スクーター汎用Rショック 210~240mmが使用可能範囲だと思います
スプリングが太いとRフェンダーと干渉しますから購入時は注意

カレコ:エンジンを載せる

モトコンポだと「エンジンにフレームを被せる」が正しい気がします

エンジンは水平なほうがフレームに載せ易いのでRホイール・タイヤを取り付け
Eg20130515012.jpg

ホイールのドラム内を確認して汚れ・サビがあれば紙ヤスリで取り除く
Eg20130515013.jpg

ブレーキがまだ効かないからナットは仮留め
Eg20130515014.jpg

モトコンポのエンジンからディスタンスカラー(黄)を移植
(フレーム・エンジンの歪み防止)
Eg20130515012a.jpg

カレンエンジンのマウント部に取りあえず置いておきます
Eg20130515012b.jpg

フロントタイヤを生かして後方に転がしながらステップの間にシリンダー(赤)を通す
Eg20130515015.jpg

フレームとエンジンマウントの穴合わせ。
フレーム前方を持ち上げて調整するほうが簡単
Eg20130515016.jpg

フレーム→エンジンマウントにボルトを通して、
ラジオペンチ等でディスタンスカラーを持ち上げてボルトを挿します
Eg20130515016a.jpg

ディスタンスカラーを掴むのは狭くてちょっと面倒、ケーブルやホースの噛み込みに注意
Eg20130515016b.jpg

左からボルト1本でもいいですが右からも捨てボルトを入れて打ち込みやすくしておきます
Eg20130515017.jpg

ハンマーでコンコンと、ホントはゴムハンマーのほうがお勧め(自分は重くて持ちづらい)
Eg20130515019.jpg

打ち込んでいくと捨てボルトを押し出してボルト先端が顔を出します
Eg20130515020.jpg

ワッシャー・ナットを付けて締め込み
Eg20130515021.jpg

あ、ボルトにグリス塗り忘れました
Rs20130513010.jpg
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。