モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードパルS前期?


とある方のご好意で もう一台Sエンジンをバラさせて貰いました
黒いクランクケースカバーは余り見かけないですね





駆動系とご対面してクラッチを外そうとしましたが
なぜかクラッチ穴(赤印)が小さくてホルダー(黄印)が使えません
前回と同じ手順で楽勝と思ってましたがなにやら怪しい予感





仕方がないのでフライホイール側でクランクシャフトを固定





ナットが取れたらプーラーでクラッチを抜きます
二段変速抜き取り:ロードパルS 」と同じ手段でしたが
いつものパッカーンって勢いは無く
スコっと言うかポロっとクラッチが抜けたんですよ





それもそのはずウッドラフキーがありません
クラッチプレートにキー溝(黄印)もありません

これが前期後期どちらか不明ですが
キー溝なしで滑らないのかちょっと不安

とは言え、キー溝の有無で選べるほど
ロードパルSのタマは無いから気にすると損かも知れません





・以下、実にならないお話


二段変速クラッチプレート裏側
セカンドクラッチを受けるプレートがあります



モトコンポクラッチ裏側
先のプレートをこっちに移植できれば
キー溝を生かせて滑りの不安を解消できない?
(キー溝が見えるように撮影するべきでした)





検証するためクラッチシューを外してみます
ピン(黄印)とスプリングで固定されていて
モトコも二段変速も同じ手順でバラせます





Eリング取り外し
ペンチやドライバーで合口と反対方向に抜きます





Eリング下のワッシャーを取ります





2箇所とも外した状態





ピンからクラッチシューを抜きます
スプリングを外してからシューを抜くのがスマートかと思いますが
シューにドライバーをあてて下からハンマーで打ち抜きました





クラッチシューが外れました
二段変速も同じ手順で分解します





二段変速クラッチプレートも分解
モトコと比較してみましょう





セカンドクラッチを受けるプレートは4箇所で留まっていました
黄印ピンから赤印ピンへと移せれば良いのですが、、、、





黄印部分、圧入されているのかビクともしません
セカンドクラッチプレートもガッチリ固定されていてお手上げです





ピン裏側
バーナーで炙ってプレスで抜ける?
現在の環境ではちょっと厳しいです

プレートの移植が出来ないとなると
この二段変速クラッチにキー溝を掘るか、
諦めてキー溝なしで普通に組むか、の二択
技術的に考えると普通に組むしかないのが悔しいトコです





せっかくクラッチシュー単体まで分解したので比較

二段変速クラッチ取付けで重さが違うと書きましたが
クラッチシューは全く同じ重さ
単純にプレートの重量で差が付いてるだけでした
スポンサーサイト

二段変速実走行


二段変速クラッチが組み込まれたモトコEg

このエンジン、好き勝手に組んでましたが
モトコ隊のこたつねこさんからの依頼でした
「自分用」だと未だ部品棚に鎮座したままだったと思います



「組み上がりそうだよ」と伝えるや
速攻で北見から引き取りにいらっしゃいました
やる気満々ね





こちらの簡易12V化したモトコンポに搭載します





ざっくりとエンジンを降ろして





エアクリステー、Rタイヤ、キックペダルなど
足りない小物を移植していきます





ポンと載せたらミッションオイル注入
空っケツなので600cc入れます
(車に使われる普通のエンジンオイル10W-30)





エンジン始動、アイドリング音異常無し
いよいよテスト走行となります が、
この人は試運転でも1時間くらい平気で帰ってこないので
心配だからチェックも兼ねて後ろを付いてくことにします





いきなり全開は不安ですから
変速+ちょいでゆっくり走ってもらいます

パワフィル音が大きいものの
駆動系に異常な金属音は聞こえません

クラッチ1段目の味を噛み締めるように
山に向かってゆる~い坂を登っていきます





2台ともフューエルメーターが赤に差し掛かり復路へ
ここまでなんら異常はありません

二段変速はしっかり働いてましたから
次は駆動系の干渉で内部に金属片が出ていないか
ミッションオイルを抜いて確認してみます





心配なのは確保したはずのチェーンライン
クランクケース中央やラチェットプレートは大丈夫か?





なにか異物が浮いていて失敗かと思われましたが
拙い塗装でボルト座面部分の色が剥げただけでした





あらかたオイルが抜けてもなんにも見当たらず
1発OK!
こんなに上手くいったのも先人達の情報のお陰です





確認が済めば再度ミッションオイル注入
今度は中に残ったオイルを見越して500cc

これで二段変速エンジンの納品完了です




二段変速作業がスムーズに行ったとこでもう1台
スタンドステーのボルト固着とマフラーフランジ曲がりモトコ
こっちのほうがよっぽど手間が掛かったりしました






~全開走行報告~
後日、こたつねこさんからメールが来ました
二段変速もしっかり機能していて
載せ換え前の調子の良かったエンジンと最高速も変わらないそうです

※二段変速を組んでも最高速は変わりません
 ここでは組み直しEgが普通に回りましたって報告※
 
今度の8月ミーティングでオイル交換して
全開でのチェーン駆動で金属片が混ざっていないか
最終確認してみたいと思います

二段変速クラッチ取付け


加工したクランクケースに二段変速クラッチを組み込みます





ガイドとテンショナー取付け
ここはモトコンポと同じです





クランクシャフトにスラストワッシャーを通します
根元までべったりと貼り付け





スプロケットにチェーンを掛けてクランクシャフトに通します
スプロケの向きは幅が狭いほうがクランクシャフト根元側





チェーンガイドABの上にチェーンを乗せて
ファイナル側まで伸ばします





ファイナル廻り取付け
ここもモトコンポと同じ手順





ラチェットプレート取付け
加工した台座部分(黄印)にボルトで固定
予定通り純正より短いボルトを使います

チェーンテンショナーの固定ボルトは使わずに
ラチェットプレートで押さえる方法を真似ました





ラチェットプレートの固定で問題発生
なにかが干渉してます





チェーンガイドAの先端が当たって
ラチェットプレートが取り付けできません
こんなん聞いてないよぅ





モットーは足りなきゃ付ける、当たりゃ削る
ラチェットプレートの厚み分削ります





ドライブスプロケのオフセットを考慮すると問題ないはず





ラチェットプレートの取り付けはこれでOK
チェーンで削られないかは走ってみないと解りません





忘れずにボルト緩み止めのツメを起こします







クラッチアウターにサンギヤプレート取付け





組み合わせたクラッチアウターをスプロケに取り付け
スプロケの内歯にクラッチのギヤ(黄印)を入れます





サンギヤプレートのツメとラチェットプレート噛み合わせ
計算通りほぼツライチ





ウッドラフキーをクランクシャフトに取り付け
ここからはモトコンポと同じ手順





ドライブプレートの見分け方

取り外しや固定用の穴が違います
ロードパルSはネジ穴式、モトコンポは瓢箪型





重量も測ってみました
ロードパルSの一段目はちょっと重くなってます





ドライブプレート取付け
キー溝とウッドラフキーを合わせます





ナットを手締めでイケるとこまで締めて





ユニバーサルホルダーの凸(黄印)を
穴(赤印)に差し込んで固定しナットを締め込みます





トルクレンチでナット締めを仕上げ
(ユニバーサルホルダーを併用)
指定トルク:3.5~4.0Kg-m





二段変速の組み込み完了です





クランクケースカバーを付けてオシマイ
基本的にクラッチ廻り以外の組み立てはモトコと同じです

モトコ:駆動系の組立て01
モトコ:駆動系の組立て02
モトコ:キックスターター組み立て
モトコ:クランクケースカバー取付け

二段変速のクランクケース加工02

モトコンポに二段変速を移植すると
ドライブスプロケが少しだけ奥まってしまい
チェーンとクランクケースのリブが干渉してしまうので
当たる部分を削り落とす必要があります


先人の報告を参考にすると
干渉するのはリブ(赤印)周辺のようで
加工はチェーンライン上段側だけ
下段は干渉しないみたいです




サンダーで加工するにはちょっと狭い部分なので
ボール盤にフレキシブルケーブルを繋げて加工します





貧弱コンプレッサーじゃエア消費量が激しくて回せず
お蔵入りになっているエアリューターです
ここから砥石だけ適当に選んでいきます





最初は三角砥石





クランクケース中央のチェーンラインを荒削り
出っ張りのリブを削るだけで済むようですが
気持ちチェーンが通るトコをなだらかにしてみます





先っちょをドーム型に交換して細部を攻めます





軸受け周辺や未加工部との境界を削りました けど
写真だと余り変化が解りませんね





ワイヤーブラシに交換
やらなくてもいい仕上げをします





凸凹だけどピカピカ
ブラスト掛ければもう少し馴染むと思うのでOKとして
二段変速移植に必要な加工は
ラチェットプレート台座も合わせて終了です




ここで二段変速編は一旦お休み
この後はバラバラEgを組まなきゃいけません

ラチェットプレートの確認

テンショナー金具とサンギヤプレートの爪は当たらない?
ラチェットプレートの高さズレはどこまで許されるの?
今ひとつ自信が無く不安を覚えます




推測の域を出ることはありませんが
モトコンポとロードパルSに上向き状態で
ドライブスプロケとサンギヤプレートを設置して
ラチェットプレートとのズレなどを確認してみます






先の画像を拡大

ロードパルSはテンショナー台座が低いので見えません
ドライブスプロケがここまで下に落ちる(クランクケースに寄る)ことは
考えられない状態ですがラチェットプレートから
サンギヤプレートの爪が0.2mmほど出ています





同じ条件で比較したモトコンポ





サンギヤプレートの爪ズレは0.4mmくらい?
削り込み不足と思ったわりにはそれほど落ちない?
それでもここまで落ちるとテンショナー台座と干渉しています





当たる黄印部分だけ加工すれば良さそうですが
サンギヤプレートの爪はここまで落ちないと思うんですよ
落ちませんよね
落ちなきゃいいなぁ





干渉する状態を想定
もしもテンショナー台座とサンギヤプレート爪が当たるとしたら?

黄印がテンショナー台座の位置です
右回りは爪が倒れる向きなので
(損耗は抜きとして)基本的にOK
左回りは赤印でストッパーが効いています




ひとつ進んだ状態

右回りならテンショナー台座を過ぎているのでOK
左回りはストッパーが効きます





どこもストッパー(赤印)が効いていない位置

黄印に爪があっても右回りはOKですし
左回りもテンショナー手前ですので問題なし




簡単に見る限りは例え干渉しても
爪が破損することは無さそうです

ラチェットプレートの高さも
ドライブスプロケが異様にクランクケースに寄らなければ
サンギヤプレートの爪が適正に収まりそうです


プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。