モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QR50:再開してもやることナシ


各部の増し締めしてー、
キックしてエンジン掛かればいっか





このっくらい写しやすい白煙なら安心





小奇麗になった?





シートをポン載せで撮影

ケツ乗せて走り出せるけど
最後にもう1回乗り回そうかなぁ

スポンサーサイト

QR50:エンジン着手→早々切り上げ


車体側のお手入れが終わったらエンジン整備

キャブ詰まりも解消して他は問題の無いエンジン
好奇心だけでちょっとバラさせてもらいます





・Rホイールナット
メガネレンチを掛けてゴムハンマーで緩めます
ホイールもカレンと同型で色違いってだけみたい





・キャブレター
普通に取り外し





・スタンド
固定は黄印のボルトとナット
モトコンポと取り付け幅は同じ





・Rショック
Rショックステーはスタンドと兼用
これをモトコに生かすのは難しいね





パーツクリーナーでザっと泥落とし





・シリンダーヘッド
モトコンポと色違いなだけの同型?
燃焼室容量未計測





シリンダーボルトがめちゃくちゃ固く締まってました





・シリンダー
傷も無くキレイ
ピストンも見た目は普通





・ジェネレーターカバー
ボルト二箇所留め
上部(黄印)はマフラー固定ボルトと兼用で取り外し済み
下部(赤印)は裏にナットが埋まっていて
ボルトを抜いた後は紛失に注意





・フライホイール
黄印がフライホイール
専用工具か電動工具でナット(赤印)を外します





取り付けるとき正位置に戻せるように
凸にマークしておきます(1つで十分)





握力が弱いもんでマグネトーの磁力に勝てません
プーリーホルダーを使って引き抜き





キチンと掴めていればガコっと取れます





灯火・充電用のコイルはありません
話にも聞いてたし仕様上確信はあったけど
ようやくこの目で確認できました





・ガスケット交換
レースのレギュレーショを知らないから無難に純正を使用

ベースガスケットは1枚、
ヘッドガスケットは外したヤツの厚みが0.2mmだから
ライブDio用新品0.3mmに交換します





マフラーガスケットも新品交換





・ミッションオイル
黄印がオイル注入口
赤印がドレンボルト位置

オイルは四輪用のエンジンオイルです

オーバーホールならオイル容量0.75リットル
ドレンからのオイル交換なら0.6リットル





以降の組みは省略して、ハイ完成
とある理由で写真を撮ってる余裕がなくなりました

しょうがない、しょうがないんじゃ!
カレコに問題が発生してQRにかまけていられなくなったのよ







・QR50エンジンをモトコンポに載せるには

・キャブ位置が悪くてそのままだと載らない

インマニをモトコかカレン用に交換

・ジェネレーターコイルが足りない

モトコンポから移植(6Vカレンは不可)

・Rショック取り付け位置

LクランクケースのRショック位置にあるブッシュだと不安
ブッシュ交換が必要

他にもあるかも知れませんが
これだけでもちょっと手間が掛かりますね

QR50:組立フロントフォーク

ワイヤブラシとボンスターで磨いて
洗剤やパーツクリーナーでグリス落とし

キレイになったら組み立てます

スプリング(黄印)にグリスをたっぷり塗って
アウターチューブ(赤印)の中にセット





Cリングをインナーチューブにセットして





ゆっくり押し込みます





ダストシールやEリングの溝に入らないように
Cリングはなるべく起こしておいて
下に届いたら精密ドライバーで寝かせてセットしました





グリスまみれの中、Cリングが嵌っているか確認します





カラーと短いスプリングをセットしてグリス塗布





その上にEリングをセット

このときアウター内のスプリングが
インナーチューブを押し上げてEリングを付けるのが厳しいです

内臓脂肪が少ないから腹でインナーを押し込めません




荷締ベルトを使ってインナーを押さえ込みます





縮めたら隙間からカラーをアウターに入れて
サークリッププライヤーでEリングをセット





ダストシールを取り付けたら完成ー





左フロントフォークも同様の手順

コーン(黄印)は片方にしか入ってないのね





清掃したら組み立て





ボトムさせても音が無くスムージー





サビを隠してズルく撮ってみる

QR50:分解フロントフォーク

キコキコと音がするフロントフォークの分解

QR50のFフォークにオイルは入ってません
基本構造はモトコと同じだから分解整備は比較的簡単

最初にダストシール(黄印)を取ります





ダストシールをインナーチューブから抜いて
赤印から覗き込んでEリングを外します





サークリッププライヤーを使いました
Eリングをインナーチューブから抜き取り





インナーチューブを少し引き抜くと
カラーと短いスプリングが出て来ますからこれも抜きます





この状態ではインナーチューブはまだ抜けません

パーツクリーナーで中のグリスを流し落とすと
Cリングが見えたからそれを抜き取ります





Cリングをフックレンチで引っ張りだしました

いや、もう、グリスで見えないからこれは悩みましたわ





アウターチューブからグリスでデロデロのスプリングが出現
パーツクリーナーの汁と合わさって汚さ倍増





アウターチューブ内の溝はこんな感じかと思います
インナーチューブの段差と相まってCリング溝がちょっと難関

QR50:分解・清掃01

車体側の作業は時間を取られないように
再塗装とか手間は掛けないで
清掃+グリスアップ程度に留めます

フレーム
泥落とし

QR50のCDI(黄印)ってカレコに使うとどうなんだろ?
カレコとQRをRKさんに引き渡した後、試してみて欲しいな





ステム付近の固くなったグリスも除去





サブフレーム
塗装面が生きてるトコだけコンパウンド掛け





ハンドル
コンパウンド掛けてもそれほど復活せず
手磨きだから諦めが早い





ステム
モトコより長いなぁ





フロントホイール
それこそカレンと同じみたい





ブレーキパネル
分解してグリスアップ





メーターギアどころかウォームギアもなし
当然と言えば当然ね





ブレーキアームをワイヤブラシとボンスターで仕上げ





ワイヤー類
アクセル、ブレーキ、チョーク、
ケーブルはワイヤーインジェクターで注油

パーツクリーナーで洗浄

高粘度潤滑クリーナーで仕上げ





アクセルケーブルの分岐もグリスアップ



んー、地味な作業報告
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。