モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレコ:もう良いよね?最終テスト


連写撮影でやっと写った排気ガス
オイル滲みも見られずで峠を越えたかな?





メーター読みで50、普通のカレコです
ツマラナくない!これでOKなのだ





顔を向けてサービス精神旺盛
カレコを見た酪農家さんが声を掛けてくれて
馬を撫でながら少し話しをしてました

あれ?
人生で馬に触れたのって初めて?



アニマルセラピー効果なのか
帰り道の加速がなんか良かった感じ

始動性が悪いから
最後にキャブ掃除して引渡しOK、

、、、だと思います
スポンサーサイト

カレコ:ノーマルギヤに交換


枠内のノーマル部品を組み付けます

ドライブシャフトのワッシャーは
このエンジンには入って無かったし
受け側はベアリングだから省略します





ワッシャー、カウンターシャフト、
カウンターシャフトギヤを組み立て





Rホイールナットを緩めて
ファイナルギヤシャフトをケース側に押し出す

Rホイールナットは
ブレーキが利くうちに緩めるのが吉ですね





ファイナルギヤが飛び出して出来た隙間に
カウンターシャフト一式を取り付けます

入るならホイールナットを緩めずに
カウンターシャフトをバラで順にセットしてもOK





セット直後は歯が段違い状態





Rホイールナットを締めると





お揃いになります





カウンターシャフトにワッシャーを取り付けて
リダクションカバーをセット





12345、12345と順番に少しづつ
対角線状に締めていきます
(赤印のドレンボルトだけ10mm)





ミッションオイル充填
黄印から注入

車のエンジンオイルです
粘度も気にせず、注入量も大雑把でOK
入れすぎても黄印の穴以上は入りません





オイルチェックボルト(黄印)締め付け
タイヤを回してドライブシャフトも回るか確認

異音がしたらオイル抜きから再開だし
オイル注入前に確認するのが正解ですね





駆動系の組み付け前にWR交換
8gx6個の普通にします







いつも通りに組み付け





クランクケースカバーを付けて
Rブレーキが利くようになったら
Rホイールナットの本締め





エンジンを始動させて音だけチェック





アクセルちょっと開けで
かる~く回して異音が聞こえなければOK





オイルが漏れたらすぐ判断できるように
黄印付近を徹底して拭いときます

なんせガスケット使い回しなもんでして

カレコ:リダクションカバー取り外し

ハイギヤ入れて実用範囲ギリギリってのは
ガマンしなきゃ乗れないってことでもあります

そして自分とRKさんの体重差が@♪Kg
それを考えるとノーマルギヤに戻して
普通に乗って貰うのが一番と判断しました





駆動系を外した状態からスタート





・オイル抜き
オイルチェックボルト(黄印)を外してから
ドレンボルト(赤印)を抜きます

順に取るのは上から空気を入れて
オイルを下に抜け易くするため





車体を傾けて出来るだけオイルを出します





リダクションカバーのボルト4本取り外し
中にオイルが残ってますから
オイル受けはそのまま待機



・リダクションカバー取り外し
ホイールの隙間から
鉄棒やレンチ等で黄印の出っ張りを叩く
一箇所を一気に浮かせず次に移動





黄印の凸を利用して
ドライバー等をテコ使いしてカバーを浮かせる
なるべく全周を満遍なく浮かせていきます

一度分解済みでパカっと取れましたが
実際はガスケットが張り付いてて難儀します



カバーが外れたら
カウンターシャフト(黄印)を抜いて
その奥のシャフトギヤとワッシャーも取ります



あとは廃番ガスケットを切り出して
車用エンジンオイルを用意すると
組み付け準備はOKですよ



カレコ:再発の兆候なし 区切り時?


分離給油にしてからチョロチョロ走って
最初に焼き付いたのと同じ距離は走ったでしょか

不安を払拭するために
きっぺいモトコと同様に
ピストンの状態を確認してみます





何回撮っても上手くいかないから
鏡を置いて撮影してみると、





あ、楽チン

現時点でピストンのキズはナシ
このまま進めても大丈夫か





プーリーボスをノーマルに、
ウェイトローラーを7gに、
ハイギヤだけでテスト





マジックで印を付けて組んだら出発





メーター誤差の実測予想は53
ノーマルボスでも出足UPは感じなくて
思ったほど速度が乗らず




ノーマルボスのVベルト移動量は





赤印のは書き損ねてて失敗
黄印はバッチリ残ってて
加工ボスの倍くらいの残り代?





再度、加工プーリーボスに交換
加えてキャブレタートップを取って
ジェットニードルの段数変更をしてみます





標準は上から2段目(黄印)
そこから一番濃くなる最下段に変更(赤印)





アクセルのツキは変わらないけど
エンジンがちゃんと回るようで
メーター表示54、実測60?





毎回、走るたんびにオイル漏れを確認
ヨシ、キレイね




腹側もクリア





AC系のタマ切れも
毎回確認するクセが付いてきました



ノーマル吸排気系で突き進むのも
限界を感じてきたから
いい加減に仕様を決定しなきゃね




ジェットニードル取り出し

カレコ:メーター誤差?Fタイヤ交換後


フロントタイヤ組み付け
書き損ねてたバルブの向きとか。

エアーバルブ(黄印)は左向きで
赤印のブレーキアームと干渉しないようにします
空気圧はリヤと同じで200Kpaくらい
タイヤの回転方向はマークを参考




2.50-8


3.00-8
メーターギヤがそのままで
タイヤサイズだけ大きくなると
メーター表示に誤差が表れます

2%くらいの誤差と予想しますが果たしてどうだか





同じ道を同じように走ってみた結果
昨日やっとこ60が更にダウンして55に。

誤差3%だとしても60x0.03=1.8だから
これはセッティング不足の数字じゃなかろかな
なんとも半端な検証になっちゃった

ここで混合給油を卒業





ちょっと回るようになったかな位の変化
プラグの焼けはちょうどいい感じです





しかし相変わらず写らない薄さの白煙
これでも良いのか普通ってのが解らなくなってきてる

すれ違った「蘭」のおばちゃんが白煙モウモウで羨ましかった





ん?(^_^)





また、イヤ、まだオイル漏れする?

落ち着け、落ち着け
エンジンは取り替えたから車体側じゃないか?





今回のはオイル跡が辿りやすくって
オイルホース接続部から漏れてました

赤印に亀裂が入ってて摘むとオイルが滲んできます

針金ギュウ締めから
柔らかいタイラップ(黄印)に変えてたんですが
このホースそのものが弱すぎる?





とりあえずホースを切り詰めて
タイラップを適度に締め付けて様子見

こんな短距離で損傷するんじゃ
全く違うホースに交換しなきゃ駄目だろなぁ





雨が降ったり止んだりでセッティングは中止
この隙に「他の作業」を済ませるとします
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。