モトコ記録

モトコンポといいつつカレコがメインの整備記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピニオンASSYの組立て(セルモーター)

ピニオンASSY組、、、
適切なカテゴリーが思いつかずで
元に付いていた車輌の”カレコ[サトー]”に突っ込む


サビ取り
バラしたピニオンを駆け足ブラスト
ブツブツと取りこぼしがある




防錆
バラしたピニオンを駆け足簡易メッキ
ノリが悪いしムラがでた


教訓:急いだらロクなことはない




ワンウェイクラッチ解明できず
簡易メッキでサンポールに漬けたら固着が解消したのか
発電所の地図記号みたいな部分が動くようになりました

あの3ピースの部品だけでどうやってロック・空転やってんだろうと思ってたら
ギヤ上段にクラッチが内臓されているようです

バラそうにも分解の糸口が見つからずで
とりあえずパーツクリーナー→CRC→グリスのコンボで再固着を防止
(以降グリス塗布の記述は省略してますが節目ごとに行っています)



組立て
ギヤ上段のクラッチ側にCクリップとワッシャーを取り付ける
(パーツリストはASSY扱いなんで部品名称がわかりません)




クラッチ側に3ピースのコマを取り付ける




欠損してた輪状スプリングは初期タクトのピニオンギヤから拝借
分解しなくても隙間から取れました




コマとツメとワッシャーの位置関係に自信なし




コマを留めるようにスプリングを装着




ギヤ下段のシャフトにギヤ上段をセット




カップにスプリングをセットしてシャフトに通します




カップを押し下げながらワッシャーとCリングをセット




取るときも嵌めるときも無理をして歪んだCリング
ワッシャーとできるだけツライチになるようにペンチで整えます




悪あがきにワイヤーブラシで磨いて完成
ピニオンギヤが直ってセルモーターが1個復活するからこれは一勝か。
簡易メッキを細かい形の部品に使うと細部が磨けないことも学べました



スポンサーサイト

カレコ:シートステー修理

バッテリー溶接が出来るようになったからステー修理
いえいえ、決して練習台じゃあありません
0906 028

左ステーは完全に破断
1004 033


無事に見える右ステーも指で摘むとポロっと取れました
1004 040


面倒でもフューエル・オイルのタンクを取ります
火花なんか飛ばないよって言われても取ります
1004 034
1004 039


作業中の画像も作業直後の画像もなしで
サンダーで溶接跡を馴らし黒スプレーを筆に吹き付けてレタッチして隠蔽
1004 044


お、ちゃんと引っ付いてる?
1005 008


穴のズレもなく普通に取り付けできました
ヘボ溶接でもタイラップより遥かにマシ
1004 067

カレコ:WR交換でオシマイ

プーリーボス加工の弊害でウェイトローラーが合わなくなりました
アクセル開度に対して回転の上がりが遅いです
8.5gx6個から7.5gx6個(黄印)に変更します
2_201309210216583ad.jpg


ウェイトローラーを変更してプーリーをセット
ベルトの移動量を確認するとマジックの跡は1cmくらい残ってました
出足と最高速を考えるとボス加工は全長32.5mmに留めるのが良さそうです
1_201309210216582bf.jpg


駆動系を組みなおしてテスト走行に行ってきます
パワーフィルターはスポンジタイプで再検証
4_201309210225345ee.jpg


結果は速度は前回と変わらず
下りだと56が見えたか?ってくらい
アクセル開度と回転はギリ妥協点
変速の最終味付けはオーナーのサトーさんにお譲りします
5_20130921022714f65.jpg


「カレコに執着しなくていいです」のオーナー通達で作業打ち切り
やり残しがあって敗北感を覚えつつ、お次はモトコに作業が移ります
6_20130921022716d7f.jpg



サトーカレコ作業履歴

・セルモーター修理
・キャブレター スタッドボルト化
・クランクシャフトネジ山修正
・クラッチスプリング(クラッチASSY)交換
・メーターギア交換
・ミッションオイル交換
・シリンダーヘッドブラスト
・シリンダーヘッド面研
・プーリーボス ショート加工
・メインジェット交換
・プラグ交換
・フロントブレーキメンテ
・クラッチ廻りメンテ


結果として希望の最高速アップがボス加工によるもののみとなり申し訳ないです
預けた期間と作業内容とこちらの体調に納得していただければ幸いでス

カレコ:プーリーボス加工の成果

ノーマルカレコ+10インチに最後の仕上げ
費用対効果の高いショート加工したプーリーボス取り付け
0915 080


赤枠が交換前、ノーマルボスとウェイトローラー7gx6個
黄枠が交換する部品、ショート加工ボスと最初に入っていた8.5gx6個
0915 082


加工ボスと組み合わせてプーリー取り付け
パーツクリーナーで脱脂後にマジックで線引き
線の残り具合でベルトの移動量を判断します
0915 083


ドライブフェイスを取り付け、
他のカバーやらも戻して試走してきます
0915 086


走ってみると平均52
見た目に解らないような緩い坂やちょびっとの追い風でひっぱって55
やっぱりトルク不足な感じです
(健全な10インチカレコなら平均も最高速も少し上)
0915 087


次に最初に装着されていたスポンジ型パワーフィルターに交換
最高速の頭打ちがちょっと早いかな
雨でUターンしたから検証不足
0915 088


ボス加工でウェイトローラーが8.5gじゃあ重すぎになりました
後日、もう少し軽いのに交換するついでにベルトの移動量を確認します

カレコ:どこで圧縮が抜けてるの?

ヘッド面研でちょっとだけ圧縮が上がったカレコ
では、どこが悪さをしてるのかを検証して確認します
01_201309190007122c1.jpg


腰上、シリンダーやピストンの簡略図
02_2013091900125607f.jpg


漏れるポイントは3箇所
・プラグの締め損ね→プラグを斜め取り付けやネジ山の破損
・ヘッドガスケット抜け→シリンダーヘッド取り付けミス
・ピストンリングの磨耗→シリンダー磨耗とも組み合わさる可能性アリ
03_2013091900125435e.jpg


[1]プラグ取り付けミス
今回はコンプレッションゲージのプラグアダプタがソレになります
手締めでしっかりと留まっているのを確認
(画像は参考用の別エンジン)
04_201309190019203a9.jpg


[2]ヘッドガスケット抜け
シリンダーヘッド取り付け時にボルトを偏って締めると起こりやすく、
抜けているとその方向(例:赤色)に汚れが走っているのが見れます
他にもエンジンを掛けるとパパンっ っと音がします
今回は音で抜けていないと判断(画像は前の作業中ヘッド)
05_20130919001923e8d.jpg


一度ここで冷間時の数値測定、9.8Kg/cm2
前回の9.5Kg/cm2(暖気後)より上がってますが
熱膨張していないと隙間がちょっと狭くて高目の測定値なだけです
01a_20130919001004c08.jpg


[3]ピストンリングの磨耗
もうここしか無いピストンリング
腰上を分解しないで判断する為に2ストオイルを準備
06_201309190027501c0.jpg


プラグ穴からオイルをちょびっと挿します
このときピストンは上死点の位置(一番ヘッド側近く)
07_201309190027526b1.jpg



なるべく黄印の天辺当たりにオイルを垂らして全周に行き渡らせます
これでピストンリングの隙間が塞がって一時的に磨耗分が復活
圧縮が上がる→ピストンリングの磨耗
圧縮が変わらない→他から漏れてる 、と判断が可能
08_201309190030465e0.jpg


キックしてみると12Kg/cm2越え!
オイルでみっちり塞がれているせいでしょね
このことからピストンリング交換は無駄にはなりませんってお勧めできます
09_201309190030458c5.jpg
プロフィール

一三六

Author:一三六
北海道富良野地方在住の
道産子モトコンパーです
指が不自由な人だったりします
Mail: maru***@hotmail.co.jp
(*** を 247 にして下さい)

・BikeList
カレコ(不動)
ディオコ(全バラ)
スカッシュ(不調)
ディブラッシ(半組み)
FZR1000(未整備)
シティカブリオレ(不動)

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。